新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

再発しやすい血管外膜細胞腫の外科手術
 犬の皮下にできやすい腫瘍の第1位は脂肪腫で
2位が血管外膜細胞腫と言われています。

 この腫瘍は、徐々に大きくなります。
特に、前肢、後肢の皮下にできます。
肘やかかとに多く発症します。
多くの飼主様が、ゆっくりと大きくなるので
経過を見ていることが多い腫瘍です。

 この子も、以前から腫瘍があり
検査をしませんか?とお話しをしていましたが
飼主様から同意が得られず、大きくなった腫瘍です。

P1060486_convert_20170407114737.jpg

P1060487_convert_20170407114756.jpg

 さすがに、大きくなりすぎたため、
相談にいらっしゃいました。
 腫瘍の状態から、脂肪腫ではないことは
わかりましたが、悪性の腫瘍の可能性もあるため、
術前に病理検査を行いました。

 検査結果は、血管外膜細胞腫。
再発の可能性の高い腫瘍でした。
 この腫瘍の問題点は、マージンをしっかりと取らないと
再発を繰り返すことにあります。
 さらに、再発を繰り返すうちに、
悪性度が増すことも知られています。

P1060488_convert_20170407114811.jpg


 今回、飼主様に、腫瘍の挙動や
再発のことをお話ししました。
再発の事は理解されましたが、手術で腫瘍を大きく切って
散歩に行けないのが、一番困るとおっしゃったので
必要最低限のマージンを取り、手術は終了しました。

 病理検査では、マージンは取れていると記載されていますが、
今まで、大型犬の血管外膜細胞腫では、再発する子を見てきたので
今後も、経過を見守りたいと思います。

 老犬になり、関節の周囲にイボがある場合、
この腫瘍の可能性が高いので、早期に手術をお勧めしております。
 どうしても、年なので、手術は。。。
とお考えになると思います。
 大きくなってからでは、手術時間も、麻酔も大変なので
飼主さまのご理解を得られるとありがたいです。

 
下着を飲み込んだM、シュナウザーの内視鏡による摘出術
 犬や猫は、何を口にするかわかりません。
毎日の診察でも、異物を飲んだと来院されています。

 この子は、飼主様の前で
下着を口にして、食べてしまいました。
その後、食欲も元気もあったため、経過を見ていたようですが
嘔吐を繰り返し、心配になり来院されました。

 レントゲンでは、胃の中に食事と異なる
陰影を認め、異物を強く疑う所見でした。
この子の場合、飼主さまが食べているのを見たようです。

 飼主さまには、異物が大きいため
便に出ることはないので、内視鏡を薦めました。
 飼主さまも、同じ意見だったので、
緊急で、内視鏡での異物除去術を行いました。

 全身麻酔後、すぐに内視鏡を胃に挿入し
異物を確認後、食道を空気で拡張させ、
異物を除去しました。

P1060470_convert_20170401172727.jpg


 処置は、20分で終了しました。
その、10分後、麻酔から覚醒し、退院となりました。
 処置後、数日、胃の薬と、粘膜保護剤などを飲んでいただき
嘔吐が見られなければ、飼主さまも幸せです。

 内視鏡で異物を出した時、
スタッフ一同、あまりの大きさの異物を食べたことに
びっくりしました。
 
 異物の場合、嘔吐を促すこともありますが、
このように、大きな異物の場合、無理に吐かせると
食道に詰まったり、呼吸困難になることがあります。
 嘔吐処置、内視鏡、手術の選択は
慎重に行わないと、危険なこともあるため、
担当獣医師とご相談してください。
 
大きくなりすぎて自潰した犬の乳がんの外科手術
 犬の乳がんは、日々の診察で出くわす腫瘍の一つです。
現在、動物医療での最新情報とともに、今回の症例の概要を記載いたします。

 この子は、良性の乳腺腫瘍と思い、経過を見ていたら
大きなりすぎて、腫瘍の一部が自潰し化膿し来院されました。

 P1060418_convert_20170228100804.jpg

 
 腫瘍は、乳腺から発生しており、かなりの時間が経過していました。
飼主さまも、化膿した匂いと、出血のため、手術を希望され来院されました。
 手術前に、肺の転移像の確認、血液検査、リンパ節への転移などを調べ
大きな問題がないため早々に手術となりました。

 P1060421_convert_20170228100840.jpg


 手術は、短時間で終了し、マージンを含め切除しました。
腫瘍は、筋肉に一部癒着していましたが、きれいに切除できました。

 P1060423_convert_20170228100914.jpg

手術時間は、約40分で終了しました。
入院も半日で終わり、夕方には元気に帰宅されました。
術後は、鎮痛剤、抗生剤の投与を行い、
10日後に抜糸を行いました。
 病理の結果は、
悪性である、乳腺ガンでした。
脈管侵襲などが認められないことから、
抗がん剤や、放射線療法は行いませんでした。

 犬の乳腺腫瘍の最近の知見

検査:細胞診では、悪性良性の判定は、難しい
    悪性所見は、悪性と診断
    良性は、必ず良性とは限らない

ステージ分類:Ⅰ、T<3cm
         Ⅱ、T3-5cm
         Ⅲ、T>5cm
         Ⅳ、N1
         Ⅴ、M1
Stageと予後:ステージⅡとⅢには大きな差はない
         転移症例は予後不良

治療:外科手術が第一選択
    多くの乳腺組織を摘出することに直接の延命効果なし
    同時に卵巣子宮を切除することに抗腫瘍効果はなし
    腫瘍摘出時に卵巣子宮摘出はG2において、予後改善効果がある
    腫瘍摘出時に卵巣子宮摘出はG3において、予後改善効果はほとんどなし

 上記は、日本麻酔外科学会の見解で、
2016の論文では、異なる見解も出されていますので
担当獣医師と相談の上、手術法、卵巣子宮摘出も行うか
話し合ってください。
フェレットの腸内異物の外科手術
 フェレットは、何にでも興味があり
何でも、口に入れてしまいます。

 この子は、急に食欲なく、元気もないと
近くの病院で、診察を受けられ、治療をしていたのですが
改善しなかったので、病院からの紹介で診察をさせていただきました。

 診察中も、フェレットの元気さもなく、おとなしく
飼主さまも、いつもの元気がないと・・・。
 お腹を触ると、胃が腫れており、腫瘍のような塊は
触知できませんでした。

 血液検査では、大きな異常は認めず、
レントゲンで、胃の拡張と腸の動きが停滞していました。
 異物を疑ったのですが、飼主様は、異物を口に入れる子ではないと。。。
超音波検査では、十二指腸に異物らしき影があり、
再度、飼主様も相談しました。

 飼主様も、検査の結果から
心配なので、開腹手術を同意され、緊急で開腹手術を行いました。
 開腹の結果、十二指腸に異物があり、
同時に胃の中にも異物が認められました。
 腸に異物が閉塞し、腸が変色しています。

 P1060388_convert_20170228100230.jpg

 異物を取り出すと、毛?のようなものが出てきました。

 P1060393_convert_20170228100332.jpg

 P1060397_convert_20170228100413.jpg

異物は、合計で4個、取り出されました。

P1060398_convert_20170228100445.jpg

念のため、他の臓器も、確認しましたが、異物は認められませんでした。
 手術は、1時間で終了し、2日後に無事退院されました。 
 
 異物は、毛の塊で、飼主様のおっしゃる通り、
異物というより、絨毯の毛や、飼主様の毛を食べて、
胃の中で、毛球になり腸に閉塞したと推測されました。
 このように、猫や、フェレットなどの肉食動物は
胃の中で、毛玉を作りやすく、毛球症になることが知られています。
 フェレットは、猫と違い、吐いて出すことが苦手なので、
腸閉塞の原因になることがよくあります。
 フェレットを飼っている方は、床に落ちた毛を食べていたり、
拾い食いの癖のある子には十分に気をつけてください。
さらに、毛球予防に、毛球予防のサプリメントなどを
定期的に与えることをお勧めしています。

 退院時、飼主様は、元気で、食欲のある、
いつもの状態に戻った、我が子を見て嬉しそうでした。


 
猫の脊髄腫瘍(髄膜腫)の外科手術
 下記には手術の画像が含まれます。

 犬の後ろ足がふらつくと来院されることは日々の診察で
よく遭遇する疾患です。

 猫の後ろ足がふらつくことは多くありません。
この子は、1ヶ月前から他の病院でステロイドを
投薬していましたが、悪化したため来院されました。

 猫の後ろ足がふらつく病気としては、
内臓疾患(肝臓や腎臓などの)
内分泌疾患(甲状腺や副腎、糖尿病など)
脳疾患(脳炎や脳腫瘍など)
脊髄疾患(椎間板ヘルニアや梗塞など)
ウイルス疾患(白血病ウイルスやFAPなど)
上記以外にも色々、あります。

 今回の子は、他の病院でステロイドを使用したこと、
またその経過などから、脊髄疾患を疑い、MRIを実施しました。

 MRIでは、脳に異常は認めず、脊髄に腫瘍を認めました。
第6腰椎と第1仙椎の左側にあり、臨床症状、神経症状とも一致しました。

 現在、MRIやCTの画像での腫瘍の診断は難しく、
病理検査が必要になります。
今回は、脊髄腫瘍の摘出と、同時に病理検査を行いました。

 手術は、変側椎弓切除術と背側椎弓切除術を組み合わせました。

 P1060362_convert_20170206160033.jpg

P1060364_convert_20170206160115.jpg

P1060367_convert_20170206160158.jpg

P1060368_convert_20170206160221.jpg

手術は、神経などに触れることから
3時間ほどかかりました。

 術後は、大きな障害もなく、2日後に無事退院となりました。
病理結果は、髄膜腫の亜種でした。
 
 猫の髄膜腫は脳に多く発生し、
48頭の中、45頭が脳に、3頭が脊髄腫瘍という報告があります。
(Carpenter JL,Disease of the cat)

 進行は様々で、3〜5か月にわたって、運動失調が認められ、
その後、対麻痺になった症例や、後肢の不全麻痺が進行しなかった症例もいました。
(Aspertoi RM,Vet Radiol and Ultrasound)

 猫の脊髄に発生した髄膜腫に関して
未だ、エビデンスが乏しく、この子の飼主様にも
手術の結果、予後が悪くなること、悪化することも
お話をした上で、手術を行いました。
 術後は、経過も良く、
自分でトレイにも行けますし、排尿排便も可能です。
術後、放射線療法を併用した方が良いとする論文もありますが
何度も麻酔をかけることから、今は経過を見ています。

 手術後、元気にしている猫ちゃんを見て
飼主様も安心されたようです。
 猫ちゃんも飼主様も、ご苦労様でした。



copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.