新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の脊髄腫瘍(髄膜腫)の外科手術
 下記には手術の画像が含まれます。

 犬の後ろ足がふらつくと来院されることは日々の診察で
よく遭遇する疾患です。

 猫の後ろ足がふらつくことは多くありません。
この子は、1ヶ月前から他の病院でステロイドを
投薬していましたが、悪化したため来院されました。

 猫の後ろ足がふらつく病気としては、
内臓疾患(肝臓や腎臓などの)
内分泌疾患(甲状腺や副腎、糖尿病など)
脳疾患(脳炎や脳腫瘍など)
脊髄疾患(椎間板ヘルニアや梗塞など)
ウイルス疾患(白血病ウイルスやFAPなど)
上記以外にも色々、あります。

 今回の子は、他の病院でステロイドを使用したこと、
またその経過などから、脊髄疾患を疑い、MRIを実施しました。

 MRIでは、脳に異常は認めず、脊髄に腫瘍を認めました。
第6腰椎と第1仙椎の左側にあり、臨床症状、神経症状とも一致しました。

 現在、MRIやCTの画像での腫瘍の診断は難しく、
病理検査が必要になります。
今回は、脊髄腫瘍の摘出と、同時に病理検査を行いました。

 手術は、変側椎弓切除術と背側椎弓切除術を組み合わせました。

 P1060362_convert_20170206160033.jpg

P1060364_convert_20170206160115.jpg

P1060367_convert_20170206160158.jpg

P1060368_convert_20170206160221.jpg

手術は、神経などに触れることから
3時間ほどかかりました。

 術後は、大きな障害もなく、2日後に無事退院となりました。
病理結果は、髄膜腫の亜種でした。
 
 猫の髄膜腫は脳に多く発生し、
48頭の中、45頭が脳に、3頭が脊髄腫瘍という報告があります。
(Carpenter JL,Disease of the cat)

 進行は様々で、3〜5か月にわたって、運動失調が認められ、
その後、対麻痺になった症例や、後肢の不全麻痺が進行しなかった症例もいました。
(Aspertoi RM,Vet Radiol and Ultrasound)

 猫の脊髄に発生した髄膜腫に関して
未だ、エビデンスが乏しく、この子の飼主様にも
手術の結果、予後が悪くなること、悪化することも
お話をした上で、手術を行いました。
 術後は、経過も良く、
自分でトレイにも行けますし、排尿排便も可能です。
術後、放射線療法を併用した方が良いとする論文もありますが
何度も麻酔をかけることから、今は経過を見ています。

 手術後、元気にしている猫ちゃんを見て
飼主様も安心されたようです。
 猫ちゃんも飼主様も、ご苦労様でした。


短期入院が可能なプードルの大腿骨頭切除術
  
成長期のプードルが後肢をケンケンする、
足を上げることがあると来院されます。

 多くの場合、膝の骨が内側に脱臼する
膝蓋骨脱臼症候群です。
中には、この病気ではなく、股関節に先天的な問題を
抱えて来院されることもあります。
 
 それが、Legg-Calvé-Perthes (LCP)
レッグペルテス(無菌性大腿骨頭壊死症)です。
原因は不明の疾患で大腿骨頭への血行が阻害され、
大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。
1歳までに発症することが多いため、遺伝性と唱える獣医師も多いようです。


97acda53ba72f5c0f7873d44070c1f8c.jpg

 診断は、画像診断を行います。
最近では、レントゲン検査で診断できない、
初期の症例でも、CTを使い、早期に診断が可能になりました。

 治療は、手術がほとんどですが
内科療法や保存療法を、行っております。
内科療法は、未だ確立された治療法は何ので
担当獣医師とよく相談し、治療法を決めていただきます。
 
 外科手術は、壊死した骨頭を切除する
大腿骨頭切除術が行われています。
 この子も、痛みが伴い
レントゲンにて確定診断を行いました。
 飼主さまには、内科療法で痛みのコントロールは
できますが、ほとんどの症例で、悪化していきます。

 飼主さまは、家族会議を行い
手術を受けることにされました。

 手術は、約40分で終了し、
1泊していただき、翌日には退院となります。
 手術自体は、難しくない手術です。
寛骨、骨頭切除部のトリートと疼痛管理、
術後のリハビリが重要になります。

 術後は、1〜2週間くらい
患肢を上げていますが、手術の痛みが無くなると
同時にリハビリを行えば、肢を負重するようになります。
 
 この疾患は、早期診断が重要で、
悪化してから、手術を行うとリハビリなどに時間がかかり
治癒するまでの時間も長くなります。

 Legg-Calvé-Perthes Disease(LCP)は、
・小型犬:ヨーキー(海外では好発)、プードル(日本では好発)、ウェスティー
・12kg未満
・オスメス関係なし
・4〜12ヶ月齢(7ヶ月齢がピーク)
・10〜15%で両側性に発症      出典:DM Nunamaker
と海外では報告されています。

 現在、CTなどの導入により
かなり早期に診断が可能になりました。
若齢の小型犬で、肢を上げている場合は
早期にレントゲンでの撮影を行いましょう。

 



 
猫の腎不全を伴った、膀胱結石の短時間手術
 下記には手術の画像が含まれています。

血尿で来院される猫の多くが猫泌尿器症候群です。
その中で、膀胱結石の症例はごく一部です。

 猫の年齢にもよりますが、猫は、犬と異なり、
細菌性膀胱炎が少ないことから、初診時から超音波検査を行うことで
膀胱の状況、結石、腫瘍の除外診断が可能になります。
 
 この子も、初診時に膀胱結石を認めました。
尿石分析からシュウ酸カルシウムが原因でしたので
手術をお勧めしました。

P1060298_convert_20170102142658.jpg


 しかし、腎不全 ステージⅢでしたので
飼主さまは手術を躊躇していました。
飼主さまと相談し、食事療法と、サプリメントで経過を見ていました。
 臨床症状はなくなり、飼主さまも安心されていましたが
3ヶ月後に血尿を認め来院されました。
原因は、膀胱結石で、超音波検査にて大きくなった結石を認め
飼主さまも、不安になっていました。
 
 家族で検討され、手術を行う判断をされました。
当初のご心配であった、腎不全の麻酔に関して
病院と飼主さまで協議を重ね、手術を行うこととなりました。

 手術は、可能な限り、麻酔のリスクを減らすこと
麻酔時間の減少、麻酔の深度、麻酔前の準備、
もちろん、手術法も検討を重ね、手術を行いました。

 膀胱結石の手術は、開腹、膀胱切開、結石除去、閉腹の順番です。
・手術の前に、可能な限り術野の毛を刈っておく
・術前に水和を行い、酸素化もしておく
・術前鎮痛をおこなう
・術中の鎮痛管理を積極的に行う
・麻酔薬はセボフルレンに変える
・手術は、切開部の縮小、止血、手術機器の変更
以上を検討、変更し手術時間は、約30分で終了しました。

 手術は膀胱の一部だけ腹腔外に出す方法、
膀胱を全て出す方法があります。
術前に、膀胱結石の数と、大きさを診断しておくことが重要です。

 P1060291_convert_20170102142321.jpg

 膀胱を露出し、事前に測定していた結石の直径よりも
やや大きく切開しました。

 P1060292_convert_20170102142426.jpg

大きく切開すると縫合の時間がかかります。
さらに、膀胱は伸び縮みする器官なので、
大きく切開する必要はありません。

 開腹手術では、猫の肥満も重要な要素で
皮下脂肪、腹腔内脂肪も手術時間の延長になります。
特に、膀胱へのアプローチの場合、
皮下脂肪の量が大切です。
 このも、肥満傾向で、皮下脂肪、
腹腔内脂肪も多く、ここに時間がかかりました。

 P1060294_convert_20170102142523.jpg

一度付着した脂肪は、痩せても減っていないことが
多いため、尿石症と診断された猫は肥満に気をつけたほうが
良いでしょう。

 猫の腎不全は多く、中高齢の猫に多く発症します。
腎不全になると、麻酔のリスクや手術に関して
心配になると思います。
 特に、麻酔に関しては心配な方も多くいらっしゃいます。
ほとんどの手術には、麻酔が必要です。
ただ、麻酔のリスク、麻酔時間の短縮は可能です。
担当の獣医師と術前にしっかりと話し合いをすることで
飼主さまの心配も減らすことができますし、
猫本人の負担も軽減できます。


猫の慢性嘔吐の鑑別診断に用いた内視鏡検査
 猫の慢性の嘔吐は毎日のように来院されます。
ほとんどの症例が、レントゲン、血液検査、超音波検査で
確定診断がつきますが、月に数例、確定診断がつかない
症例が来院されます。
 
 この子も、週に1〜3回嘔吐すると来院されました。
検査を行ったのですが、確定診断に至らずでした。
飼主様は、飲み薬で改善しているので様子を見ていましたが、
やはり、心配で内視鏡検査を希望されました。

 犬と猫の内視鏡検査は、人と同じ、オリンパスや
フジの内視鏡を使用しますが、動物用の細くて長い
スコープが発売されています。

P1060238_convert_20161228211949.jpg

 
 内視鏡検査時は動かないよう、気管チューブを使用し
吸入麻酔を使用し、不動化してから検査を行います。

 人と同様に、、数時間前から
絶食は行いますが、絶水までは行いません。

 内視鏡は、口の中、咽頭、時には、鼻の穴、
食道、胃、十二指腸、小腸まで観察します。
 慣れた獣医師だと、難しい手技ではありません。

 内視鏡での消化器を観察後、ほとんどの場合、
病理検査も同時に行います。
犬の内視鏡での診断は、胃腸炎、大腸炎が多く
胃がんや腸の癌など、極めて稀ですが、
Mダックスでは、消化器型リンパ腫が多く発生します。
 
 猫の胃腸炎の原因は、食事、自己免疫、感染症がほとんどで
内視鏡検査により、確定診断が出ます。
 治療法は、粘膜保護剤などを使用します。
多くの胃腸炎は、食事療法で改善しますが、
内服薬も併用しないと改善しないこともあります。

 慢性嘔吐、慢性の下痢軟便が続く場合は、
血液検査、レントゲン、特に、超音波検査を行い、
改善がない場合は、内視鏡検査を行ないます。

 一昔前では猫の嘔吐は、毛玉が原因のことが
ほとんどですが、現在では、キャットフードに改善により
毛玉が原因である、毛球症は皆無になりました。

 難治性の嘔吐などは、
内視鏡も含め、総合的に診断が必要になるため
治療方針と検査方針を担当医と、相談の上、
決めていただいています。

 
寒くなると多くなる椎間板ヘルニアの外科手術
 (ご注意)下記には手術画像が含まれています。
犬の椎間板ヘルニアはMダックスに多く、
当院でも椎間板ヘルニアの手術の多くがMダックスです。

 12月になってから
椎間板ヘルニアの診察が多く
診察した症例の約5%がMRIやCTなどの画像診断を行います。
 手術を決断するのは、画像診断と神経学的検査によります。

 ここ数年、多発性の椎間板ヘルニアと、
再発症例が多く、以前、内科療法にて改善したけど、
今回は、改善しないと来院される症例です。

下記の症例も多発性で2〜3カ所
片側椎弓切除術を行った症例です。

 P1060304_convert_20161227224718.jpg

P1060288_convert_20161227224643.jpg

 初発で、手術まで行う子は少なく、
1〜2年前に椎間板ヘルニアの治療を行った子が多く
半数が多発性といい、ヘルニア物質の突出箇所が一カ所以上で
あることが多く認められます。

 P1060277_convert_20161227224538.jpg

P1060256_convert_20161227224428.jpg

 
 今月に行った症例の70%は多発性でした。
以前は4〜8歳の子が多く、8歳上の子は少ない状況でした。
現在は、10歳以上の子も手術適応になっています。
 
 当院では、手術の決定は、ステージ分類だけではなく
痛み、再発の有無、発症からの時間などを考慮し、治療法を
決定しています。
 
 椎間板ヘルニアは、一生を左右する病気です。
早期の正確な診断が必要で、飼主さまにも正確な説明が必要な疾患です。
 そのためには、早期の検査が必要です。
多くの場合、手術になることは少ないので、
安心して検査、説明を聞いてください。

 多くの飼主さまが、安心して検査を受けれるように
こちらも日々、勉強をしています。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.