新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

肝臓がん
 肝臓がんというと人では良く聞く腫瘍の1つだと思います。
動物はどうなんでしょうか?
 犬の場合、脾臓などの血液系に関係しているもの、
また、血管に関係しているものを除いたすべての腫瘍の中で、約50%肝臓がんで
あるという報告があるように、結構、多い腫瘍です。

 本院では腹部超音波検査時に見つかる場合が多い腫瘍です。
それ以外では、元気・食欲がなくなった、もしくは、お腹が腫れてきたなど
いろいろな症状で来院されます。

 では、超音波ではどのように見えるのでしょうか?
下に画像をお見せします。

肝臓癌USG 

 黒く丸いところが胆のうで、色の付いているところが、腫瘍になります。
腫瘍が胆のうにくっついているところがあります。
また、腫瘍か、もしくはそれ以外のものかは、超音波でかなりの確率で分かりますが、
癌などの悪性腫瘍か良性腫瘍かは針生検をする必要性があります。
超音波ガイド下で腫瘍に向けて針を刺します。
針の中に残った細胞を病理検査を行い、診断をつけます。
この子は、病理の結果、『肝臓細胞がん』と診断されました。

 飼主さんと結果を話し合い、現在、腫瘍は3cmくらいと、さほど大きくないこと
また、臨床症状、血液検査所見、心臓など、また凝固系といって、肝臓に問題のある子は
血が固まりにくくなるので、そちらも検査を行いました。
 すべての結果、異常所見がないので、手術をお薦めしました。
飼主さんも、当初から手術を望んでいらっしゃるようで、手術の内容などをお話しさせていただき、
手術の日程を決め、手術になりました。

 このように、肝臓がんは早期に発見できると、腫瘍に随伴する病気もなく、
また、副作用も少なく手術に踏み切れます。
しかし、肝臓だけを超音波で見るために来院するというのも、大変でしょうから、
人の人間ドックのように、『ドッグドック』を勧めています。
年に1回、血液検査、レントゲン、超音波検査、心電図などを行うと良いかも知れません。
 若い時からではなくても良いので、犬猫のシニアの7才くらいで
ドッグドックをされるのが良いかもしれませんね。
 
 この子も7歳でした。
肝臓がんは症状が出たときには、腫瘍自体が大きくなり、
手術にもリスクが付きまとわるので、健康な時に見つけるのが良いと思われます。
でも、健康な時に病院に行くのも大変なのも理解しています。
 
 飼主さんの中には、誕生日に検査とか、ご自分が検査を受けた時に
愛犬、愛猫の検査もという方も多くいらっしゃいます。
 
 この子のように、たまたま見つかることが良いかもしれませんが、
イヌやネコにも肝臓がんがあることを知っていただけるとありがたいです。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.