新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

うさぎの膀胱結石 外科手術
 うさぎの膀胱結石は日常的に見る疾患です。
原因は、水の飲む量、おしっこの回数、食事の組成などさまざまですが、
症状は、血尿と分かりやすいので、飼い主さんも早々に気づかれます。
 しかし、中にはポルフィリン尿のように、赤くはない、血尿に見えないこともあります。
そういった場合、結石が形成されていることが多くあります。

 膀胱結石の診断は、犬や猫と違い、超音波検査でしか見つからない結石は少なく、
ほとんどの場合、レントゲンで確認できます。
この子も、レントゲンですぐに結石が確認でき、飼い主さんにも見ていただきました。

 うさぎの膀胱結石 レントゲン1

 2個の膀胱結石がおなかの中にあるのがあるのが分かると思います。
術後はこのように、結石がなくなっています。

 レントゲン2

 この子は、5歳以上で、いわゆるうさぎの麻酔にリスクが生じる年齢だったので
飼い主さんと術前からお話をし、麻酔のリスク、手術をしない場合のリスクなど
ゆっくりとお話をさせていただきました。
良くお話をさせていただいた結果、内科療法をおこないました。
しかし、症状が改善せず再度、お話を行い、外科手術となりました。
 手術は飼い主さんにも居ていただき、血管確保を行い、吸入麻酔を行い、
膀胱を切開し、結石を取り除きました。

 うさぎの膀胱結石 術中1

 このように、なるべく小さな傷にし、膀胱切開も可能な限り小さいものにしています。
この子は膀胱炎が重度で膀胱壁が肥厚し、教科書的な縫合ができない状態でした。
そこで、膀胱の縫合を特別な縫合に変え、吸収糸で縫合を行い、縫ったところからの
尿の漏れを確認の上、お腹を閉じました。
 術後は2日間、尿道にカテーテルを装着し、入院としました。
翌日からご飯もモリモリ食べ、麻酔をかけるときから覚めるまで一緒にいた飼い主さんも
かなりびっくりされていました。
術前より、明らかに元気になっていました。
うさぎさんはカテーテルや入院が好きではないので、ストレスでご飯を食べないことがありますが、
この子は、ストレスのスの字もなく、もしゃもしゃ食べていました。
 結石分析の結果は、『炭酸カルシウム』で結石としては珍しくないものでした。
 手術の後、2日で退院され、10日後に抜糸を行い、現在は再発なく元気に過ごしています。
病院から遠くに住まれている方なので、検査や、治療で大変苦慮もされたと思いますが、
術後も毎日、面会され、治療にも熱心だったので、良くなって本当に良かったと思います。
 飼い主さんの熱い思いが伝わったのだと思います。
 
 今も、すごい勢いで、もしゃもしゃご飯を食べているかと思うと、顔がニコニコしてきます。
本当に、御苦労さまでした。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.