新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

食べると危険
 食べると危険なものは、チョコレート、ぶどう、ネギ類など
ワンちゃん、ネコちゃんを飼っている方ならご存知かと思います。

 しかし、それ以外にも危険な落とし穴があることはあまり知らていません。
 それは、熱の入った骨とヒヅメです。
おやつを売っているお店にはヒヅメが店頭に並んでいるのをごらんになったことが
あるかとおもいます。
 このヒヅメが実は厄介者です。
生のヒヅメは馬の産地に行けば、蹄鉄をつける際に出ますが、
これらは、厩舎に暮らす動物の特権でなかなか手に入りません。
でも、お店には燻製されたヒヅメが売られています。
燻製(熱を入れた)のが問題です。

 この子は、飼主さんがいままでと同様に、ご褒美にと
ヒヅメを買ってきてもらい、かじっていました。
ある日、飼主さんがお口の中をのぞいてみると、あれ?歯が折れている。
急いで、来院されました。
 お口の中を見てみると、このように、歯がたてに割れています。


折れた歯 

 飼い主さんとお話をしたところ、「そういわれてみれば、おやつとか、お食事を
右側で咬んでいなかった」とお話をされました。
 飼い主さんと相談し、歯を抜くか、割れた部分だけとるか相談しました。
この場合、歯随まで割れいる部分が入り込んでいるので
一部を取り除くより、 抜歯を行い、痛み自体を取ってあげることが重要であることを
お伝えし、翌日、スケーリングと抜歯を行いました。

 抜歯、スケーリング、ポりッシングまで行い、1時間の麻酔が終了しました。
麻酔後、3時間後に退院され、その後は、抜いた方の歯も使い、噛んで食べていると
飼い主さんは喜んでいらっしました。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.