新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

脂肪腫と脂肪の塊の違い
 中高齢のワンちゃんの飼主さんが
体にイボを見つけて来院されると、「先生、脂肪の塊ができたみたい」、
または「他の病院で脂肪の塊があると言われていた」と良く耳にします。

 さて、脂肪の塊とは何なんでしょうか?
そもそも、脂肪の塊が皮膚や皮下に出来るものでしょうか?
メタボの人がお腹の周りについているのが脂肪です。
しかし、脂肪の塊というのはほとんどありません。
 犬も猫も、脂肪のかたまりが出来るということは少ないです。
では、脂肪の塊ができたというのは、何でしょうか?
それは、脂肪腫、アテロームがほとんどです。
中には、悪性の腫瘍も含まれています。

脂肪腫


 皮膚に、もしくは、皮膚の下(皮下)に塊がある場合は
可能な限り、獣医師に診断してもらうか、針生検(バイオプシー)検査を
行ったほうが良いと思います。

 この子は、後肢にしこりができ、飼主さんは狂犬病接種時に
脂肪の塊があるので、様子を診てくださいといわれ、心配で来院されたゴールデンです。

 ゴールデンは、腫瘍が良く出来る犬種で、
皮膚、皮下、内臓、骨とありとあらゆる場所に良性・悪性問わず発症して来院されます。
 飼主さんは様子を診ていると大きくなっってきた、でも痛みもなく、びっこもひかず、
元気、食欲もあるので、様子を診ていたと言っていました。
 早速、診察を行うと、後肢の体表リンパ節は腫れておらず、また、痛みもありません。
さらに、腫瘍も柔らかく、確かに、脂肪のような感じでした。

 飼主さんに、脂肪のようだけど、きっと腫瘍の一種だと思うので、
病理検査を行っても良いでしょうかと、相談しました。
飼主さんは痛みが無いならしても良いと言って頂いたので、すぐに飼主さん
立会いの下で針生検を行いました。
 簡易検査の結果、脂肪腫と診断しました。
脂肪腫は良性の腫瘍で、徐々に大きくなること、また、切り取らないと
大きくなっていくことが多いこと。
でも、転移はしないことをお伝えし、治療法を相談しました。
 飼主さんは、腫瘍なら切り取ることを決められました。
その後、手術前の検査を行い、麻酔に対するリスクが低いと診断し、手術日を決めました。
 手術は日帰りの手術で、術前に痛み止めを服用していただき、
手術となりました。
 手術は40分で終了し、3時間後には退院となりました。

 手術し切除した腫瘍を飼主さんに診ていただき、病理検査をお願いいたしました。
病理の結果は『脂肪腫(良性の腫瘍)』と診断されました。
病理結果をお返しし、検査結果のお話をし、10日後、抜糸となりました。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.