新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ダックスの術後縫合糸肉芽腫の摘出術
 M、ダックスは人気のある犬種第1位です。
しかし、この子のように免疫疾患が多い犬でもあります。
免疫疾患というと、アレルギー性皮膚炎というのが有名ですが、
ダックスはアレルギー皮膚炎よりも、膠原病(リウマチ疾患)、血液疾患(AIMHA)、
などの疾患のほうが多いのかも知れません。

 この子は、2歳半で近くの病院で避妊手術を受け、
6歳のときに、血尿で他の病院で尿管を巻き込んだ癌と診断され
投薬で様子を診ていたのですが、やはり、『癌』と診断を受け、心配になり
本院へ紹介で来院された子です。

 6歳の避妊済のダックスで、3ヶ月前から血尿を主訴に通院していたようです。
お腹に腫瘍があるということで、そこの病院で試験開腹行い、尿管を巻き込むような
腫瘍を確認し、癌と診断され、お腹を閉じたようです。
 その後、お薬で血尿は改善したものの、飼主さんは癌と診断され、
とても心配になり、本院を受診されました。

 さっそく、尿管を巻き込むような腫瘍を確認するために精密検査を行いました。
血液検査、胸部、腹部レントゲン、超音波検査、尿検査を行いました。
結果、お腹に癌と思われる病変はなく、膀胱の下に、血流の少ない塊を確認し
飼主さんには、癌の疑いは少ないことをお伝えし、避妊時に使用した糸が
反応し、肉芽腫をおこしたものとお伝えしました。
 飼主さんは癌でなくて安心されたもの、体に変なものがあり、
治るのであれば、何とかしてあげたいと、治るのであれば、手術も構わないと
悩まれた結果、決められたようです。

 このように、皮膚に炎症があり、その下には、手術の際に使用された
糸が触れました。

肉芽腫 術前

 皮膚を切開すると、2ヶ月前に使用された糸がまだ溶けずに
炎症性の肉芽となり、盛りあがっていました。

肉芽腫 皮下

 お腹を開けるとこのように、膀胱にくっついた塊を確認しました。

肉芽腫 開腹 1

 さらに癒着を剥離し、確認すると、尿管を巻き込み避妊時の子宮が確認できました。

肉芽腫 開腹2 全体

 癒着を剥離していくと、子宮頚管を確認し、この場所で溶ける糸(吸収糸)で
念のため、モノクリルという吸収糸を用い、切り離しました。

肉芽腫 膀胱一部切除

 このように、避妊時の子宮の断端は大きな塊のようになっており、
どこが子宮かは分からない状態です。
 また、切り離した子宮は膀胱に癒着を起こし、剥離を試みましたが、
癒着がひどく、膀胱の一部を切除しないといけない状況でした。

 飼主さんには術前に、膀胱を一部切除することもお伝えしていたのと、
手術中に飼主さんも立会いの手術だったので、膀胱の癒着がひどく、
膀胱の一部を切除しないといけないことをお伝えし、膀胱を切除しました。

肉芽腫 膀胱一部切除

肉芽腫 膀胱縫合後

 膀胱の糸も吸収糸を使用し、副反応の無いように、縫合しました。
切り取った子宮と膀胱の一部、また、膀胱に付着ししていた糸を含め
病理検査を依頼しました。

 \肉芽腫 腫瘍塊

 術後、飼主さんはワンちゃんが覚めるのを見ながら、安心されていました。
術前のお話では、最悪、尿管を切り離し、移設することもあるかもというお話だったので、
飼主さんも手術に立ち会われましたが、膀胱の一部切除のみで済んだので、
かなり安心され、喜ばれていました。
 術後は膀胱に尿道カテーテルを留置し、2日後に退院となりました。
手術の翌日から食欲もあり、元気に帰宅されました。
 術後、2日は血尿が続きましたが、その後は、順調に回復されています。

 病理検査では『肉芽腫性炎』と診断され、
避妊時の縫合糸(非吸収・編み糸)を使用されていたことにより、
ダックス特有の炎症性に反応し腫瘤になったものと診断されました。

 今回の手術に使用した糸は全て、吸収性のモノクリルにしていますので、
今後、このような反応性の腫瘤できないでしょう。

 飼主さんは癌でなくて良かった。
また、これからも一緒に居られることを喜ばれていました。
抜糸が済めば、今までのように、元気に過ごせると思います。
 体重が少しメタボ気味なので、心配ですが・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.