新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

交通事故の膀胱破裂
 M.ダックスの子が車にひかれ、歩けないと緊急の連絡がありました。
すぐに来院していただき、診察を始めるとレントゲンで、後肢の骨折を確認しました。

 飼主さんは肢が動かないことと、骨折を気にされていました。
僕たちは骨折などはいつでも治せるので、整形に関しては、あまり
気にしていないのですが、飼主さんは見えてることが気になるのでしょうね。
僕も飼主なら、一番、気になる点は目に見える所だとおもいます。

 交通事故で一番重要なのは、生死にかかわることが起こっているかでしょう。
この子も、すぐに、胸部レントゲン、腹部レントゲン、血液検査を行ない、
その後、エコー検査(超音波検査)も行いました。
 エコー検査で、膀胱の中に高エコーのものが見えたので、
膀胱破裂を疑い膀胱造影検査を行いました。
 膀胱造影は、尿道にカテーテルを通し、そこに、特別な造影剤を流し、
膀胱の形などを確認します。
この検査は、膀胱腫瘍、前立腺疾患などにも使っています。
膀胱腫瘍などは、エコー検査のほうが詳しい情報が得られるので、
する機会は減っていますが、必ず造影は行っています。

 造影剤を流してみると、このように膀胱に流れ込まず、
お腹の中にばらまかれていました。

膀胱破裂

この結果から、尿道破裂もしくは、膀胱破裂を疑い、手術となります。

 手術の結果、尿道破裂、膀胱破裂前立腺損傷が認められ、膀胱の損傷がひどく
再生が不可能なので膀胱を切除し、尿管を陰茎につなげています。

 このように、交通事故などでは骨折以外に、生死にかかわることが
内臓でおきている事が少なくないので、元気だから様子を診るより、
詳しく検査をしたほうがよいでしょうね。

 現在、この子は元気に飼主さんと自宅で過ごしています。  

 特に、犬や猫は体が柔らかく柔軟なので、目立った外傷がなくても
重症の子をたくさん診て来ています。
 人の場合も、事故の翌日に急変し死亡する場合が少なくないので
物を言えない子達なので、検査に協力してくださいね。

 飼主さんの生き甲斐のような子なので、助かって良かったですね。
車には気をつけて。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.