新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の大腸癌の手術法
 犬の大腸癌は人の大腸癌よりも発生頻度は少ないですが、
年に数回、来院されます。
 今回は、開腹せずに、大腸癌を切除し、完治した症例を紹介します。

 犬の大腸癌の初期症状は下血で来院されることが多いです。
本院でもほとんどの場合、完治しない下血で来院され、
精密検査で大腸癌だと診断されます。
 検査とは肛門から指を入れる、直腸診と内視鏡検査になります。
直腸診は指の届く範囲までしか検査ができないこと、また、触診できたとしても
その奥に、まだ腫瘍がある場合、再発や手術で取り切れないことも考え
ほとんどの子で内視鏡での検査を行っています。
 この子も、直腸診では分からず、内視鏡検査で診断されました。
内視鏡検査の最中に腫瘍を見つけ、カンシを使い、病理検査を行い、
大腸癌(腺癌)と診断をされました。

大腸癌 術前

 このように、浮腫を伴い、腫れて肛門から飛び出しています。
すぐに、飼主さんと手術に関して、お話をしました。
 外科的に切除するしかないですが、内視鏡検査では
この腫瘍の奥には癌は無いことが分かっているので、
開腹手術をするよりは、直腸引き抜き術(プルスルー)がベストの方法だであることを
お伝えしました。
 飼主さんはお腹をあける手術を考えていたようなので、
お腹を開けないで、摘出が可能な方法があるならと、プルスルーを希望されました。
 
 翌日に緊急手術を行いました。
手術は肛門からアプローチし、筋層まで取り除くプルスルーを行いました。
全層直腸引き抜き術で、この方法以外にも粘膜面のみ切除する方法があります。
どちらを選択するかは、腫瘍の挙動により、全層もしくは粘膜面のみかを決めています。

これが、術中の状態です。

大腸癌術中

 このように、直腸を肛門から引き出し、お腹を開けずに癌を摘出できます。
術後はこのようになります。

大腸癌 術後

 術後は2日後に退院となりました。
切除した腸には癌が見つかり、完全に取り切れており、
再発もないと診断されました。

 大腸癌は肛門から10cm以上、奥でもプルスルーを行えば
ほとんどの場合、開腹しなくても切除できます。
この子も、開腹せずに済んだので、術後もすぐに食事を食べられ
痛みも少なく、すぐに退院できました。

 飼主さんも手術が終わるまで、心配されていましたが
手術後、すぐ退院でき、元気なので安心されたようです。
 お尻は痛いですが、早く退院でき、ワンちゃんも安心したと思います。


スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.