新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

散歩中の外傷
 ワンちゃんの散歩中に色々なものが落ちているのに気づきますね。
ウンチ、ガム、ゴミ袋、これらはワンちゃんを飼っている方にしてみれば
気になるものの一つだと思います。

 この子は、元気に散歩していて、急に「キャン」と鳴いてから
肢を上げて歩かないということで、救急で来院されました。
 わんちゃんは中型犬でとても活発な男の子です。
以前にも、ドッグランで怪我をして皮膚を縫い合わせたことがありました。

 今回も、救急で来られた際、また怪我をしたのかと考えながら診察に入りました。
ワンちゃんの手を見るとこのように、木の枝が刺さっています。
それも、貫通しています。

枝の貫通

 飼主さんは、引き抜こうか考えたようですが、出血を恐れ、病院に連れて来られたそうです。
すぐに、全体の状況を見ると、ワンちゃん自体は元気でショック状態でもなく、
すこぶる元気でした。
 痛みをとる必要があるので、鎮痛剤の投与を行い、
飼主さん立会いの下で、麻酔をかけ、周りの組織を確認しながら、ゆっくりと引き抜きました。
やはり、出血を伴う手技でしたが、動脈には損傷はなく、出血も止まり、すぐに退院となりました。

枝の貫通 2.

 今回は、刺さった場所が良く、神経の走行も動脈の走行も無い場所を貫通していました。
もし、神経、動脈を貫通していれば、無理に飼主さんが引き抜けば、大変なことになっていました。
 たまたま、以前からこの飼主さんのワンちゃんたちは元気で本院でも
外傷治療を飼主さんの前で行っていたので、その際、色々なお話をさせていただいていたので、
無理に引き抜かずに来院されたのが良かったと思われます。
 この子は、手術の終わった日に、すぐに退院され、術後1週間で抜糸を行い、
傷もきれいに治っていました。
 もちろん、元気に走り回れるようになっています。

 年に1回位のペースで外傷で来院されるほど、元気なことは良いですが、
なるべく、病院に来るほどの怪我はしないようにと毎回、飼主さんとお話をしています。
でも、来るんでしょうかね。。。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.