新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

膀胱癌の外科手術
 秋から冬にかけてワンちゃんがおしっこに血が混ざると
来院されることが多いです。
きっと、1日に飲む水の量と、排尿回数、気温によるものだと思います。

 この子も、おしっこに血が混ざると来院されました。
もちろん、元気も食欲もしっかりあります。
 本院ではおしっこに血が混ざると来院された場合、
必ず、2つの検査を行います。

1.膀胱、前立腺、子宮などのエコー検査(超音波検査)
2.尿検査

 レントゲンは?と思われるかも知れませんが、
レントゲンは状況により、する場合もありますが、
必ず検査を行うというわけではありません。

 この子も、いつものように、膀胱のエコー検査を行い、
膀胱内に直径0.8cm大の腫瘤が見つかりました。
同時に尿検査を行いました。
 そのときのエコー画像がこちらです。


膀胱腫瘍 編集

この子は初診時に膀胱に腫瘤があることで、精密検査となりました。
検査は、膀胱洗浄を行い、膀胱内の尿を集め、遠心分離を行い、
その沈んだ細胞を病理の先生に提出します。
 本院では、この方法と同時に、尿道から内視鏡用の器具を利用し
エコー下で細胞を摘んで取ってきます。
 この方が誤診がなく、病理検査の精度が上がります。
結果は数日で出ました。
 膀胱の中の腫瘍の約90%が悪性の腫瘍なので、
この子も、『移行上皮癌』いわゆる膀胱癌でした。
 この結果をすぐに飼主さんにお伝えし、
治療法を提示しました。

 1.外科的治療
 2.内科的治療
 3.ホスピス(緩和療法)

 飼主さんと全ての治療に一長一短があることをお伝えし、
まだ若く、これからまだ先が長いことから1.の外科的治療を選ばれました。
 
 外科的治療には、
1.膀胱全摘出術
2.膀胱部分切除 があります。
 飼主さんと何度か話し合い、2.の部分切除になりました。

 部分切除は、膀胱全てを取るのではなく、
腫瘍とその周囲の組織を取る手術です。
 
 手術は、点滴を開始し、尿道から膀胱にチューブを入れ、
麻酔をかけ、お腹を開けて膀胱にアプローチします。
この子は、かなりのメタボなので、膀胱までのアプローチが大変でした。


 膀胱癌 外観

指で摘んでいるのが、膀胱内の腫瘍です。
外からほとんどの場合、腫瘍が触ると分かりますが、
外観からは腫瘍があるのかは不明です。

 
 腫瘍の周囲を切開し、腫瘍の全体像を確認し、
マージンを決めます。


 膀胱癌 内観
 腫瘍自体はこんなに小さいですが、マージンは大きめに取り
確実に腫瘍と一緒に切除します。
 切除後、切った後を見ると結構、大きく切ったと思いますが、
手術後、切り取れているか、考えるより、良いので、可能な限り
マージンを取り切除しています。
 縫合は、連続縫合を進めていますが、最近の論文では
単層縫合でも連続2重縫合と変わらない張力がると言われており、
本院でも、特別なことがない限り、膀胱は単層縫合を行っています。
縫合糸はPDS(張力が6週間)続く、吸収糸を使用し、縫合を終了しました。

 膀胱癌 縫合後

 このように細かく縫合し、尿道からのチューブを使い、
膀胱を生理食塩水で膨らませ、水が漏れてこないかを確認後、
腹膜、皮下組織、皮膚をそれぞれ縫合し、2日間入院としました。

 膀胱癌 チューブ

 手術後、2日後に退院し、翌日、尿道チューブを抜き、
自宅での治療としました。
 自宅では、帰宅後から元気もあり、食欲もあり、
おしっこの回数も、飼主さんが考えていた以上に回数が少なく、
また血尿も少なく、びっくりされていました。

 病理の結果は、やはり悪性の移行上皮癌でしたが、
マージンは問題なく、脈管転移も認められず、問題ありませんでした。

 今後は、播種のことを考え化学療法をする予定です。
飼主さんは、初めて手術を経験されるので、事前に、手術のこと、
術後のこと、また、予後のこともお話をしていたので、びっくりは無かったと
おっしゃっていますが、心労は想像を越すものと思います。
 自分のことより、大変と全ての飼主さんはおっしゃいます。

 手術も無事終わり、また、結果も良く、飼主さんのお顔をも
元気になったので、少し安心しました。

 膀胱腫瘍は、ほとんどの場合、
膀胱炎の治療で改善し、見つかるまでに時間がかかります。
また、厄介なことに発症年齢も中高齢からで、元気食欲もあります。
 さらに、レントゲンでは見つかりにくく、尿検査でも
ほとんどの場合、上皮細胞が変性しており、腫瘍細胞と鑑別がつきにくいので、
とても厄介な腫瘍です。
 本院では、可能な限り、エコー検査を行い、早々に腫瘍を見つけるようにしています。
また、膀胱結石もレントゲンで見つからない結石もあるので
やはり、初診時からエコー検査を行ったほうが良いでしょうね。

 今回も初診時に腫瘍が見つかり、検査、結果治療まで
最短で終了したので、痛みもない検査ですので、安心して受診してください。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.