新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

眼球の傷
 散歩中に他の犬が寄って来て、
咬まれそうになったことがあるという方もいるかと思います。

 この子は、近所を散歩していて、通りすがりの犬に咬まれ
それを止めようとした飼主さんも咬まれ病院に行かれました。
飼主さんが、病院の開く前に血相を変えて来院されました。

 お話を聞くと、散歩中、相手方の犬が飼主さんのワンちゃんに
近づき、いきなり噛み付いてきたようです。
 そこで、飼主さんが無我夢中で止めに入り飼主さんも怪我をしたようです。
すぐに診察に入りました。
明らかに右目から出血があり、眼球も左にくらべ小さくなっています。
 眼の検査を行い、眼の膜(強膜)に傷があり、そこから
眼の中の液(硝子体液)が抜け落ちて、眼圧が落ちているようです。
 状況をお伝えし、治療法を確認しました。
血液検査、レントゲン検査では特に異常は認められず、
すぐにフラップを形成し、経過を観察しました。


 咬み傷による、眼球のダメージ

 受傷後はこのように、右目が左眼に比べ小さくなっていました。
また、出血も多く、最悪の事態も考えましたが、受傷後、7日目から
徐々に眼が元の大きさに戻り、2週間後には元に戻りました。
飼主さんも、僕より、先に、眼が元に戻ってきたと喜ばれて来院されました。

 この子は、運も良かったのと、早い治療が効をそうしたのだと思います。
散歩中に咬まれる、ドッグランで咬まれるなどの事例が年々、増えています。
咬まれるのも痛いですが、咬んだほうの飼主さんも犬好きの方なので、
心労を考えると、一昔前に『うちの子に限って』というのがあったように、
犬でもそのようなことがあるかもしれません。

 今回は、無事に治ったので、大きな問題になりませんでしたが、
昨年は、このように咬まれたワンちゃんが失明したケースもあります。
 お互いに、気をつけるしかありませんね。
傷つけられるほうも、傷つけたほうも、苦しいと思います。
うちの子に限ってと思わず、共同生活を楽しめればと思います。

 この子の飼主さんの喜びようが今でも眼に浮かびます。
治ってくれて、本当に良かったですね。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.