新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードルの帝王切開
 私自身も、プードルを4頭飼っており、
そのせいか、病院にプードルの患者さんも多く来院されます。

 また、プードルの出産も多く、この子も、妊娠し、
出産となりました。
 犬は、『安産の神様』とも言われますが、
犬種によっては、そうではない種類もいます。

 この子のお母さん、姉妹も出産の際、
難産で帝王切開となりました。

 この子も、出産の予定日になり、
体温も徐々に落ち、そろそろかと構えていても
食欲はあるし、巣作りもしないので、飼主さんも心配になり、来院されました。
 たしかに、体温は37度を切り、そろそろかと思わせる感じはありました。
年のため、超音波を使い、胎児の心拍を数えると低くなっていました。
 飼主さんもその場に立会い、全様を見ていただいていました。
すぐに飼主さんと話をし、もう少し、様子を見る、ホルモン剤で様子を見る等など
お話をした結果、このまま帝王切開ということになりました。

 早速、血管を確保し、血液検査を行い、お腹の毛を刈り、
手術に備えました。
 手術は、胎児が4頭なので、飼主さんもお手伝いしてもらいました。
もちろん、手術を手伝ったわけではなく、取り出し子供をさすってもらう役です。
 それでも、飼主さんは緊張されていたと思います。
手術から約50分で手術は終了し、その後、1時間でお母さんと、
生まれたばかりの赤ちゃん4頭と一緒に退院されました。


プードルの赤ちゃん

 首に付けているヒモは出産の順番です。
なんと、4頭とも女の子ばかりでした。
 みんな同じカラーで、元気な子ばかりです。

 今後、2頭を大切にしていただける、飼主さんに
お譲りしたいと考えていらっしゃいました。
 このお母さんも、7頭生まれた中の1頭で、
今でも、兄弟たちとお会いできるので、楽しいとおっしゃっていました。
この子達も、良い飼主さんに恵まれ、飼主さん同士も
良いお付き合い出来れば良いですね。
 飼主さんも良い飼主さんにもらわれていく事を
寂しさ半分でお話されていました。

 現在、親も元気で、あかちゃんも元気にすくすく育っています。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.