新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ソケイヘルニアの外科適応
 小型犬がお腹を飼主さんに触られ、
うれしそうにしているのを良くみかけます。
 その時に、お股の付け根がポコッと出ているのに
気づくことがあります。
 本院では、子犬の時に見つけることが良くあります。
そこの場所は、『鼠径・ソケイ』といいます。
『鼠径:ソケイ』とは、足の付け根の部分で、僕たちが開脚すると
すごく痛い場所です。
 ソケイは字のごとく、鼠(ネズミ)が通るくらい小さい穴という意味です。
オスの場合はここを精巣が通り下降するので、ごく、わずかな穴が開いていますが
メスの場合、ほとんど閉じています。

 この子は、以前から穴が開いており、
今までかかりつけの病院で、手術の必要は無いといわれ様子を見ていたそうです。
しかし、徐々に、その場所が腫れてきて、ピンポン球くらい大きくなり
心配になり、本院に来院されました。

 ソケイヘルニア 術前
 
  寝かせると、ポコッと出ているように見えませんが、
普通の姿勢でいると、かなりポッコリと出ています。
 手術は、ソケイ部を切開し、ソケイ輪から出ているものを確認し返納し、
ソケイを縫い縮めます。

ソケイヘルニア 術中.

 ソケイから出ていたのは、お腹の中の脂肪でした。
病院によっては、この脂肪を切り取り、縫って終了の病院もありあますが、
本院では、脂肪は元の場所に戻し、ソケイを縫い、穴を閉じ、
皮下脂肪を縫い、皮膚を縫い終了です。
こうして見ると、結構大きく、出ているのがわかります。


ソケイへヘルニア 術後

 術後は、その日に退院となります。
12時に預かり、5時に退院しました。
 その後、10日後に抜糸を行い、元気にしています。
この子は女の子で、不妊手術もされていました。
 可能であれば、不妊手術の際、同じ切開で、この手術は可能なので
一緒にしてあげると良かったのですが。
 本院では、ほとんどの場合、不妊手術と一緒に行います。
今回は、出ているヘルニアが大きかったこと、また、
不妊手術をされていたので、飼主さんと相談の上、
ヘルニアの上からアプローチしました。
 
 もし、ソケイに何かあれば、先生と相談し
可能であれば、不妊手術の際、一緒に閉鎖しえもらうのが
良いかも知れません。

 この子は、少し、太っていたので、
飼主さん太っているのもこの疾患の要因の一つになったと考えられ
減量に励むとおしゃっていました。
 要因ではないのですが、飼主さんががんばろうと思うことは
とても良いことなので、励ましを行いました。

 無理せず、減量を楽しんでくださいとお伝えしました。



スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.