新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

細菌性脊椎炎の内科療法
 7歳のワンちゃんが元気なく、なんかおかしいと来院されました。
飼主さんにお話を聞くと、最近、抱っこすると『キャン』と鳴いた、
また、階段の上り下りをしなくなった、寝ている時間が多くなったとおしゃっていました。

 早速、診察をすると、腰骨を触ると、
痛みがあり、嫌がります。
 飼主さんに、ヘルニアなどの脊髄疾患を疑い、
レントゲンを撮らせていただくようにお願いすると、快諾されました。

 レントゲンを撮ってみると、このように、脊椎に変形が認められました。

細菌性脊椎炎

 この写真ではわかりづらいので、拡大した写真です。
細菌性脊椎炎 アップ

 このように、腰椎の1番目と2番目の間に明るくなる部分があります。
ヘルニアの場合、このような骨の変形は認めれません。
また、血液検査でも、異常所見は認められません。

 ヘルニアの場合、抗炎症剤、ビタミン剤、エラスポールなどを使用し
改善するか、手術をするかで改善します。
しかし、細菌性脊椎炎は抗炎症剤などで一時は改善しますが、
治ることはなく、逆に悪化することがあります。

 細菌性脊椎炎の原因は、歯石、歯槽膿漏が原因とも言われています。
心臓病、脊椎炎、肺炎なども歯石が原因の場合が多くあるので、
歯は大切にしないといけないと言うのは人も犬も猫も同じようです。

 この子は、飼主さんにヘルニアでは無い事、
治療に時間がかかることをお伝えし、当日から抗生剤の服用を始めました。
 3日後には徐々に元気になり、飼主さんも喜ばれていました。
治療は約4週間、抗生剤を飲み続けていただき、治療は終了となりました。

 後足がおかしいと、ヘルニアと考えがちですが、
ヘルニアに似た脊椎の病気があるため、早いうちに
診察、診断をつけていただくことが良いと思います。

 この子は、その後、元気にしています。
この病気が悪化することは無いと思いますが、
歯は大切にとお伝えしました。
 飼主さんも、自分の歯も見てもらいに行かれたようです。
 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.