新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アテローム(粉瘤)
 犬の皮膚にイボが・・・。
皮膚に腫瘍が・・・。
以前、脂肪腫と言われました・・・。
と来院され、皮膚を良く見ると、『アテローム(粉瘤)』という
診断が付くことがしばしばあります。
 アテローム:粉瘤:keratoacanthoma(角化棘細胞種)はすべて
同じ病気の呼び名です。

 『アテローム』とは皮膚の一部が袋状になり、
その中に、角質・脂肪などが溜まり、破裂したりして、
中身が出てくることのある『皮内角化上皮腫』という良性の腫瘍です。
 『アテローム』は中に脂肪や角質が溜まることから
脂肪種と混同されがちですが、脂肪種はまさに脂肪の塊の腫瘍です。
アテロームは中に角質などが詰まった、袋です。
ですから、根本的に異なるものです。
 また、治療法も異なります。
 

 この子も、以前、「脂肪種ですねといわれ、イボの中から
脂肪のような白いものが出てきて小さくなり、再発を繰り返す」と
飼主さんが心配され、来院されました。

 よ~く見ると、やはり『アテローム』でした。
毛を刈り、近くで見るとこういう状態です。
この子のアテロームは破裂して、表面から少し、角質が出ている状態でした。


アテローム2
アテローム1

本院ではアテロームの治療は皮膚を切開し、
皮膚の中の袋を摘出する方法で完治します。
内服、注射などは行いません。
 しかし、この子のように、何度も破裂を繰り返した症例は
上記のような外科適応は難しく、やはり手術しかないと思われます。

 この子の飼主さんにも再発を繰り返し、
癒着が起こっているので、皮膚切開による、嚢(袋)の摘出は難しいことを
お伝えし、手術を行いました。
 
 手術は、袋ごと切除し、皮膚を縫合し終了です。
半日入院でお昼に預かり、夕方に帰宅されました。
術後も順調で、病理検査の結果を待っているところです。


アテローム 病理

 
 病理の結果はIntracutaneous cornifying epithilioma;皮内角化上皮腫でした。
いわゆる、良性の腫瘍(良い腫瘍)でした。
 腫瘍は良性と悪性に分けられますが、良性も悪性も腫瘍は腫瘍なので
大きくなる新生物です。
 違いは転移するか転移しないかです。
良性は転移せず、悪性は転移の可能性があることです。

 アテロームは様々な犬種に起こり、
再発を繰り返す傾向にあります。
 この子の飼主さんにも他の場所に同様のものができれば
小さいうち、破裂しなければ、手術は必要なく、診察時間の中で
処置が行えることをお伝えしました。
 
 ゴールデン、シーズー、M、シュナウザーに多く見られる疾患です。
皮膚にできものがあれば、早々に獣医師に相談してみてください。
 
 この子は性格も良い子で、おとなしいので、
アテロームが出来ても、手術ではなく、皮膚切開で
治癒するので、今まで以上に愛犬を触りまくってくださいねと
お伝えしました。

 お尻の傷が早く治ると良いですね。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.