新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

脊髄軟化症
  『脊髄軟化症』という言葉を聞いてすぐに理解される飼主さんは、多くないと思います。
本院では、外傷(事故)、重度のヘルニアなどで年に数回、診察されます。

 この子は交通事故にあった、小型犬です。
事故後、他の病院に入院し、改善しないので、紹介で本院へ来られた症例です。
 すぐに、レントゲンを撮ると、胸椎が骨折し、脊髄損傷も強く、後肢の麻痺も確認されました。
本院での手術の前に、大学での脊髄損傷の程度を確認してもらうためにCTをお願いいたしました。
これが、その際のCT像です。


ブーマーCT
このように、胸椎が完璧に骨折し、脊髄の損傷も重度でした。
すぐに、大学での手術を行い、無事、整復されましたが、
術中に脊髄の損傷の程度が悪く、術後、軟化症になることも告げられていました。

 術後、3日後、徐々に呼吸もできなくなり、軟化症に陥り、
治療の甲斐なく、亡くなりました。
 このように、早々に治療、手術を行っても、軟化症を治すことはできません。
可能ななのは進行を止めるくらいでしょう。
 脊髄神経は治ることはありません。

 もし、ヘルニア、脊髄損傷などで、治療される場合は
早期発見、早期治療が重要になるでしょう。
 内科療法で様子を診ることも大切ですが、手術で治るものを
しない手はないでしょう。
 外科適応か、内科適応かは難しい判断ですが、
本院では、可能な限り、画像診断、神経学的検査をしっかりと行い、
ベストの治療に心がけております。 
 下記に海外の論文からの抜粋です。
 

 脊髄軟化症は、急性脊髄傷害に続発する脊髄の出血性梗塞である。
脊髄軟化症は限局性、または広汎性かもしれない。
広汎性は典型的な神経症状の頭側への移動(上行性症候群)に関係し、しばしな致死的である。
 7頭の罹患犬の回顧的研究で、5頭の広汎性脊髄軟化症は椎間板突出に関連し、1頭の限局性脊髄軟化症は繊維軟骨塞栓に関連し、もう1頭は明らかな原因が無かった。
 脊髄造影像は、6頭(86%)に見られた様々な程度の脊髄内への造影剤浸潤、および/または6頭(86%)に見られた脊髄の腫脹だった。限局性脊髄軟化症の1頭で、唯一見られた脊髄造影像は脊髄の腫脹だった

外傷または椎間板ヘルニアに続発する重度の脊髄損傷のある犬87頭の医療記録を再調査した。椎間板ヘルニアの犬70頭のうちで手術が行なわれたのは64頭であった。結果から、脊椎骨折や脱臼の為にDPPがなく対麻痺となっている犬の予後は要注意であり、椎間板ヘルニアの犬では運動機能回復の見込みがより高いことが示唆された。運動機能が回復した犬の3分の1に、断続的な失禁が認められた。 J Am Vet Med Assoc 2003;222:762-769
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.