新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

巨大、精巣腫瘤
 不妊手術(去勢手術・避妊手術)は犬、猫、ウサギを飼われて初めて
経験する、決断の時です。
 するべきか、しないべきか、とても悩みます。
不妊手術をすると良いところ、また良くないところもあります。
不妊手術をしないと良いところ、また良くないところもあります。

 ものの本によると、しないといけない、駄目と書かれている本もあるようです。
本院では、飼主さんに不妊手術に関して、良いところ、良くないところをすべてお話をし、
一緒に、どうすべきか、どうしたら良いかを決めています。

 今回は不妊手術をしなくて後悔された子を紹介いたします。
この子は、11歳のゴールデンレトリバーです。不妊(去勢)手術は行っていませんでした。

 飼主さんが、立てなくなり、タマタマがこんなに大きくなったと来院されました。
本人を診ると、かなり痩せており、食事もままならない様子でした。
すぐに、検査を行い、後肢が立てないのは脊髄疾患があり、これに関しては
手術を行い改善する見込みは無いことをお伝えし、飼主さんも納得されました。
 血液検査では、重度の貧血があり、飼主さんに手術は難しいかもしれないことを
お伝えしました。
 しかし、飼主さんの強い要望があり、入院させ、一般状態が改善してから
手術を行うことをお伝えし、入院となりました。

 入院後、翌日からご飯もモリモリ食べ、飼主さんもびっくりしていました。
血液の状態が改善したため、手術を行いました。

 これが術前の状態です、腫瘍の一部が破裂し、中から血膿」が大量に出たので
元々の大きさの半分くらいになっています。


精巣上皮腫 手術前.

このように僕の手のひらと変わりないくらい大きいです。
手術は貧血の子なので、可能な限り、止血に専念し、ドレーンを装着し
無事、手術は終わりました。


 精巣上皮腫 オペ後 ドレーン

 この子は、片側の精巣が異常に大きくなっていたので、
精巣を包んでいる、陰嚢(玉ブクロ)も一緒に切除しました。


 精巣上皮腫 オペ後 腫瘍塊

 このように、片側の精巣は正常な大きさで、
もう片側は正常なものにくらべ、数倍の大きさになっていました。
また、大きくなりすぎ、中のほうは壊死(腐る状態)に陥っていました。
 
 手術後、1時間で飼主さんに甘えるようになり、
翌日からは食欲旺盛で、ご飯の用意をしていると、落ち着かなくなるまで回復し
2日後に退院となりました。

 不妊手術をしていない子がみんな、こうなるとは言いませんが、
不妊せずに年を取ると、前立腺疾患、肛門周囲腺腫、会陰ヘルニア、精巣腫瘍など
さまざまな疾患になるリスクが増えることは間違いありません。
 もし、不妊腫手術をしていない子がいれば、
健康診断(ワクチン・フィラリアなど)の際に、獣医師に診てもらう事をお勧めします。

 大型犬が少なくなっているので、1頭でも多くの大型犬が
健康に暮らせればと思います。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.