新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

尿道結石の外科適応
 トイレに何度も行く、おしっこを我慢できないなどの症状が
あると、腎臓、膀胱、尿道などの疾患を疑います。
 検査は、尿検査を行いますが、ほとんどの子達が頻尿なので
病院で検査する際は、膀胱におしっこが溜まっていない場合があります。

 おしっこ関連の病気は本院では下記の手順で診断をつけます。
1、画像診断・・・レントゲン、超音波エコー
2、尿検査・・・・・尿沈査、顕微鏡検査
以上でほとんどの病気が診断できますが、
中には血液検査が必要なものもあります。
 上記の検査では、ほとんど飼主さんの前で行い、
すべて飼主さんにお見せしていますので、安心してください。

 この子は昨年にほかの病院で膀胱結石を摘出していただき
治ったのですが、やはり、再発したので本院にいらっしゃいました。
 数日前からおしっこがポタポタ出るくらいで、ほとんどおしっこが出なく
かわいそうだから何とかしてくれとおっしゃっていました。

 すぐに、レントゲンを撮ると、このように膀胱の中、おちんちんの骨の中に
結石があります。

 膀胱・尿道結石 1 今井ジョン

 拡大するとおちんちんの骨の下に4個、結石が詰まっています。
 尿道結石 陰茎骨 今井ジョン.

 尿道結石というと、下のように、おちんちんの骨の手前で止まるのがほとんどですが、
ここ数年、おちんちんの骨の中で止まることが多くなっています。
 尿道結石 清書

 犬のおちんちんに骨があることをご存知でないかたも多くいらっしゃると思いますが、
上記のように、おちんちんの中には立派な骨があるんです。
 その骨の中に膀胱結石が詰まり、おしっこを出なくします。
 治療法は
 ○尿路水圧法・・・おちんちんから管を入れて、水圧で膀胱に結石を戻す方法
            軽く沈静をかけて、お尻に指を入れ、尿道に圧をかけるのがコツです。
 ○尿道切開術・・・この子に実施した方法です。  
            ただ、この子はおちんちんの中に石が詰まったので
           陰茎骨の正中も切開しています。
 本院では、まず、水圧法を行い、膀胱に戻らない場合は切開します。
陰茎を切開し、出てきた結石がこれです。


 尿道結石 陰茎骨

 尿道切開を行い、膀胱の中にある結石が尿道につまらないように、
膀胱切開も行い、結石をすべて取り除きました。これが膀胱結石です。

 
 膀胱結石 今井ジョン

 この結石は膀胱の中から出てきた石の一部です。
これらが出来る原因は体質と食事・飲水が原因といわれています。

 この子も、フードは療法食を与えていたそうですが、
獣医師には内緒で『鶏肉』をお孫さんが与えていたようです。
 もちろん、『鶏肉』が原因と断定は出来ませんが、
療法食でカルシウム、リン、マグネシウムを制限していても
おやつでもらっていては・・・。
 飼主さんに、なるべく、療法食を与えている場合は他のものを
与える場合は獣医師に相談してくださいと、お伝えしています。

 私自身、自分の犬、猫におやつを与えているので
飼主さんに「与えるな!!」とは言い難いので、与えたい方は
是非、獣医師と相談してみてください。
 何か良い方法があるかもしれませんので。

 この子は手術後、数日、尿に血が混ざりますが、
自宅で療養しています。
 再発が無いよう、おやつは極力避けていくと飼主さんが
おしゃっていました。
 とくに、M、シュナウザーは結石の多い犬種なので、
気になった方は、尿検査をすることをお勧めいたします。
 
 今のドッグフードは、昔に比べ、尿石症対策も行われていいますので
トイレの回数が多くなった、トイレじゃない場所でしてしまったという事があれば
獣医師に相談するのも良いかもしれません。

 この子は、年始に抜糸予定です。
良い年になると良いですね。


 
            

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.