新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Mダックスのパターン脱毛症
 ここ数年、もちろん、現在もM、ダックスはたくさんの方に愛され続けています。
しかし、獣医業界ではこの犬種には、自己免疫疾患が多い、もしくは
変わった病気が多い犬種といわれています。

 その中でも、『パターン脱毛症』といわれる皮膚病が増えています。
本院でも、『パターン脱毛症』と診断をすることが多くなりました。

 『パターン脱毛症』はダックスに多く見られますが、チワワ、ウィペット、
グレーハウンドでも見られます。
特に、若い子に多く見られ、年齢とともに症状が悪化していきます。
症状は、病名のままで、『脱毛』が主症状です。
当初は痒みを伴うこともありますが、ほとんどが毛が薄くなったと来院されます。
 
 このこのように、首の部分だとか、

 ダックスのパターン脱毛症 頸部

尻尾の付け根、耳にも見られます。
 ダックスのパターン脱毛症 肛門

 診断は、他の病気を除外し、すべてを除外できれば
『パターン脱毛症』ということになります。
 治療法は確立されおらず、メラトニン、ステロイドなどに反応することもまりますが、
これをすれば必ず治るとはいえません。
 
 本院では、ダックス、グレーハウンドで良く診察しますが、
治せると飼主さんに言い切れないのが、申し訳ないです。
 
 現在も、この病気で薬を飲んで頂いているワンちゃんが数頭いますが、
薬への反応は個人差があるようです。
 
 脱毛が治らない、改善しても、すぐに薄くなるという方は
この病気を考えてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。