FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 50歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
北海道小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山
   クロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   カヤック
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬のホルター心電図
 犬の心臓病は弁膜症や心筋症などが有名です。
人のような不整脈などは、犬の場合、発見が遅れることがあります。
犬は、心臓の痛み、動悸など自己診断ができないことが
病気の発見、診断につながらないと思います。

 この子は、副腎の腫瘍があり
外科的に切除が難しいため、内服にて治療を行っていました。
ある日、急に倒れたと、心配され来院されました。
 血液検査、胸部レントゲン、心臓の超音波検査を実施
心電図も行いました。
異常はなく、脳疾患を疑いMRI撮影を行いました。
脳には異常はなく、麻酔時に、P波の消失を認めました。
今までの検査から、この子が倒れたのは、心臓から来るものと
判明しました。

 病院で再度、心電図を行いましたが
異常がありませんでした。
精密検査のため、24時間のホルター心電図を装着することにしました
 こちらがホルター心電図です。

 P2131565_convert_20200330101804.jpg

犬に洋服を見ていただきます。
服の下には、可哀想ですが毛を刈らせていただきます。

P2131563_convert_20200330101834.jpg

心電図をテープで貼り付け、24時間自宅で
いつもの生活をしていただきます。
飼い主様には、食事、散歩など生活スタイルを
記載していただきます。

 記録は、服のポケットに入れてある
SDカードの記録機に登録されます。
24時間後、服を脱いでいただき、心電図をはがして終了です。

 検査結果は、1週間くらいで判明します。
この子は、24時間の間に、1回だけ4秒間心臓が止まっていました。
不整脈の中では、P波消失と言って、治療が難しい病気です。
人の場合、ペースメーカーを埋め込みます。
犬のペースメーカーはありますが、未だ高価で
手術が必要なため、専門の病院でしかできません。

 現在は、副腎の腫瘍の治療と、
経過観察を行っています。
犬が突然、倒れる場合、脳、心臓を中心に
検査を進める事が重要です。
 その後、この子が倒れることはありません。
しかし、腎臓に嚢胞が見つかり、飼い主様も心配のタネが
無くなりません。
スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.