FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 50歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
北海道小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山
   クロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   カヤック
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アトピー治療の新しい治療法(1ヶ月に1回の注射治療)
 今までのアトピー治療は
・ステロイド
・シクロスポリン
・抗ヒスタミン剤
・サプリメント
どれも内服、外用薬で治療を行なっていました。

 数年前に抗体医薬であるアポキル(オクラシチニブ)が発売され
当院でも、脱ステロイで治療薬をアポキルに切り替えています。

 こちらが新薬の
サイトポイント(オクラシチニブ)です。

 P1111530_convert_20200209083500.jpg

体重ごとに注射が異なり、
1頭あたり、0.3~1.0ml接種します。
疼痛や、違和感はありません。

 昨年の12月に日本でも抗体医薬の注射薬である
サイトポイント(ロキベトマブ)が発売されました。
アポキルと同じ会社が発売し、アメリカとヨーロッパではそれぞれ
2016,2017年から販売されていました。

アポキルとサイトポイントの違いは
1、内服と注射薬の違い
2、作用時間の違い
3、作用点の違い
4、使用年齢の違い

 新しい治療薬であるサイトポイントの長所
1、注射薬
2、1歳未満の子にも使用可能
3、他の薬と併用可能

 短所
1、注射(皮下注射)
2、費用(アポキルより若干高くなることもある)
3、感染症、寄生虫の痒みには効かない可能性がある

 使用に関して、
海外で販売され3年目になりました。
現状、海外では大きな副作用は認めれません。
当院でも昨年から大型犬(55kg)から小型犬(2kg)まで
使用していますが、副作用はありません。

 効果は、もともとの痒みにより
変わっています。
軽度な子は、長期間効果が持続します。
重症な子は、1ヶ月効果が持続しない子もいます。

 現在、当院では、
内服が可能、短期で治癒しそう。
寄生虫などの可能性もある場合はアポキル。

 内服が難しい、慢性経過をたどっている子は
サイトポイントと使い分けています。

 アトピーの子は
痒いのを見ているのが辛いです。
なんとか痒みを抑えてあげたい、
ステロイドなどは使いたくない飼い主様は
担当医にご相談ください。

 少しでも痒みが治まると良いですね。


スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.