新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

臼歯の破折
 犬の歯はとても強く、硬いものと考えられています。
しかし、歯が折れたかもと来院される方は結構いらっしゃいます。

 この子も、歯石の予防と歯石除去に良いと
牛のスモークした蹄を薦められ、与えていたそうです。
 飼主さんが帰宅し、血が床に落ちているのに気づき
病院に来院されました。

 お口の中を確認させてもらうと
このように奥歯(上顎第4前臼歯)が折れていました。
そこからの出血でした。

 
破折

 このように破折片が歯肉内まで入り込み平板破折を認めました。
この破折は歯肉内 約6mm入り込んでいたため、飼主さんに修復は不可能と伝え
抜歯が必要なことを了解していただき、抜歯となりました。

 このように、歯が折れただけで、すぐに抜歯の必要性はないのですが、
歯肉内に5mm以上、入った場合は抜歯が必要といわれています。

 今回の問題は、犬の歯が丈夫で骨でも何でも噛み砕くことができると
思われている点です。
 犬は骨も砕きますが、熱の入った硬くなった骨は砕けません。
骨は熱が入るまではかなり弾力もあり、砕けることも可能です。
しかし、熱が入った途端、歯、以上に硬くなり、このように折れるのです。

 日本では、熱の入った骨、蹄が売られていますが、
少なからず、お勧めはしません。
厩舎の犬が蹄鉄の装着の際、削った蹄を食べているのを見ますが、
あれは、熱が入っていないので問題はありません。

 この子のように抜歯せずに、歯をまるく削っただけで、
問題ない子もたくさんいますが、大型犬になればなるほど
ひどい、破折の子が来院されます。

 おやつを与えるのも、慎重に。


スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.