FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 50歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
北海道小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山
   クロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   カヤック
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

何度も再発を繰り返し、14歳で椎間板ヘルニアの手術を行ったMダックス
 Mダックスの椎間板ヘルニアは、有名な疾患です。
この子も、数年前から、ヘルニアになり、その都度、
保存療法(内科療法)で治療してきました。
 14歳になり、急に歩けなったと飼い主様が
血相を変えて来院されました。
 今までは、動かない、痛いのかキャンとなく、などの症状でしたが
今回は、違っていました。
 床で歩かしても、前足だけで動き、後ろ足は
全く動きません。

 すぐに、MRIを撮り、腰椎の第2〜3椎間の椎間板ヘルニアと診断されました。
飼い主様には、症状、MRIの画像から手術が必要であることを告げました。
飼い主様は、今までのヘルニアの症状と異なることから
手術の了承得て、その日に手術を行いました。

 手術は、ヘミラミネクトミーを行いました。

PC231507_convert_20200118175553.jpg

最近では、ミニヘミラミという
関節突起を切除しない手術法も可能ですが、
今回は、突出している椎間板量が多いことから、
通常の手術法を行いました。
手術は1時間で終了し、2日後退院となりました。

 手術後、4日目から少しづつ歩けるようにあり
2週間後には、排尿排便も可能になりました。

 今回は、高齢での手術、数度の再発から
飼い主様も歩けない?とかなり心配されていましたが
無事に歩けるようになり、良かったとおしゃっていただけました。

 高齢での手術は年々、増加傾向にあり
今後は、さらなる高齢の外科手術が増えると考えられています。
当院でも昨年から、麻酔モニターを最新式のモニターに変更し
麻酔ガスも、イソフルレン、セボフルレン、ICUを完備し
今以上、麻酔の管理、手術の安全性を向上しています。

 無事、手術が終わり、歩けるようになり
飼い主様と一緒に、緊急手術に参加してくれたスタッフが喜んでいました。
スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.