FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬のエナメル上皮腫の外科手術
 犬の歯肉にイボ(腫瘍)ができることがあります。
多くはエプーリスといって、過形成であることがほとんどです。

 この子も、近くの病院でエプーリスと言われ
経過を見ていましたが、大きくなったので、来院されました。

PA031382_convert_20191008110218.jpg

 上顎の歯肉に歯を覆うように大きくなっていました。
念のため、一部を切除し病理検査を行いました。
病理結果は、エナメル上皮腫という良性の腫瘍でした。
エナメル上皮腫は、多くが良性の腫瘍で、
ごく稀に悪性であることが知られています。

 エナメル上皮種は、徐々に大きくなり
稀に、骨に浸潤し、手術時、顎骨も同時に切除することもあります。
この子は、骨への浸潤が無いので
歯肉のみ半導体レーザーで切除しました。
 
 腫瘍は念の為、再度、病理検査に提出しました。
結果は良性のエナメル上皮腫でマージンも完全でした。

 歯肉にできるエプーリスには3種類あり、
1、繊維性エプーリス
2、骨形成性エプーリス
3、棘細胞性エプーリス
に分類されます。
 今まではエプーリスは腫瘍では無いので、
骨に浸潤することは稀でしたが、
3、蕀細胞性では骨に浸潤します。
遠隔転移することは稀なので、
悪性の腫瘍ではなく、良性の腫瘍に分類されると言われています。
(岐阜大 博士論文 1999より一部抜粋)
 歯肉にできるイボの多くが非腫瘍性、良性が多いですが、
エナメル上皮腫、棘細胞性エプーリスの場合、早期に外科的な切除を
行うことが良いと思われます。

 歯肉のイボは、大きくなる前に、
病理検査を行うことを勧めています。
ゴールデンのエプーリスに関しては
腫瘍性のエプーリスが多いので、早期に病理検査をお勧めしています。
スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.