FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

老齢で初めて皮膚炎になった犬のニキビダニ症
 犬にもアレルギー、アトピーがありますが
皮膚病の治療をしたことがまりなく、ホームドクターにて
治療をしていましたが、悪化してきたので来院されました。

 飼い主様は、内股の皮膚が黒くなってきた。
内服しても改善しない、腫瘍じゃないのか?と
心配されて来院されました。

 両側の内股が、痂皮を形成し、
色素沈着を起こしていました。
病理検査を行い腫瘍性ではないことを飼い主様にお伝えしました。
同時に検査した皮膚ではニキビダニを認めました。

 こちらは、その子から
検出されたニキビダニの顕微鏡写真です。

AMBA0003_convert_20190722175720.jpg


 ニキビダニは、皮膚の毛穴に潜むダニで
飼い主様が想像するようなマダニ類とは異なり
皮膚の中に寄生します。
また、痒みを起こさないこともあるため
飼い主様も気づかないこともあります。

ニキビダニ
犬のニキビダニは、種として2種が知られています。
Demodex canis.
Demodex inaji.

この子は、飼い主様の稟告では
以前まで皮膚病で病院に通った経緯はなく、
老齢になって初めて皮膚病で診察、治療したと
おしゃっていました。

 ニキビダニの検査は、皮膚検査で容易に発見される場合と
なかなか、ダニの虫体が出てこない場合があります。
虫体が出てこない場合は、毎回、念入りに検査を行うか
皮膚病理検査を行うことを勧めています。
皮膚病理検査とは、皮膚にパンチ生検という
器具で、数カ所、切開を行い病理診断をします。

 治療法は、内服、注射、外用薬があります。
注射は、ドラメクチン
内服薬は、フルララネル(ブラベクト)
     アフォキソラネル(ネクスガード)
内服薬は、現状、国内でニキビダニの適用薬ではありませんので、
使用する前には飼い主様に、使用の説明を行っております。

国内の報告では、6頭に対し、安全で治療効果も
認められています。

 高齢で初発の皮膚病は、
皮膚検査をしっかりと行うことが必要になります。
基礎疾患(甲状腺機能低下症、クッシング)などの
存在もあることから、しっかりと検査を行うことを
勧めています。

 この子は、注射で経過を見てから
その後、内服薬を1ヶ月に1回の自宅での
治療で改善します。


スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.