新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の動脈血栓塞栓症
 猫ちゃんの心臓病は犬に比べ
少ないように思えますが、猫は犬に比べ
お外に行き、散歩もしませんので、見つかる確立が低いのかもしれません。

 この子は、その珍しい心臓病の中でも
動脈血栓塞栓症(Aortic Thromboembolism;TE)という、
心臓病から、2次的に起こる病気になった子です。

 『肥大型心筋症』という、心臓の筋肉が大きくなり
心臓の弁などにへばりついたりしていた、血栓(血のカタマリ)が
大きな動脈(腸骨動脈、腹大動脈)に詰まることにより、
痛み、麻痺などが起こります。

 「急に後足が動かない、冷たい、大きな声で鳴いた」と来院されました。
来院時にはこのように、両後足が動かず、血の流れが止まった状況でした。


猫の血栓症

 このように前足はしっかりと踏ん張れますが、
後足は全く痛みも無く、冷たい状況でした。
 来院前にすごい声で鳴いたことなどを考え、血栓塞栓症を疑い、
血液検査、レントゲン、超音波検査を行いました。
 検査の結果、やはり血栓塞栓症でした。

 治療は、血栓溶解剤を血管内に投与し、
お預かりとなりました。
 この子は強く、治療に耐え、食欲も改善し、
片方の足のみ、血流が改善し、歩くまでになりました。
でも、もう片方の足は壊死を起こしています。
 この写真は、治療後の両足です。
 

猫の塞栓症2

 このように、片方の足は血液が流れているので
ピンク色の肉球ですが、もう片方の肉球は紫色(黒色)をしています。

 この病気は予後(治療後の経過)が良くないので
飼主さんも、落胆していましたが、日に日に元気になり
足も動く様を見て、元気になられていました。

 飼主さんがとても早く来院され、血栓溶解剤の効果も早々に効き
なんとか元気になってくれました。
 さらに、この子はとても性格が温厚で、治療に際し
いやな顔をせず、耐えてくれました。

 今も、心臓の治療と血栓の予防は続いていますが、
再発がなく、元気に飼主さんと過ごしていただくこと願っています。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.