FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の子宮蓄膿症の内科療法(外科手術を行わない方法)
 避妊をしていない中高齢の犬に
子宮蓄膿症という病気があります。
当院では、月に数頭ペースで来院されます。
 
 症状は、
陰部からオリモノがでる
多飲多尿
下痢(軟便)
食欲不振
嘔吐
など上記の症状で来院されます。

子宮蓄膿症の診断は、超音波検査で行います。
同時に、血液検査にて、腎不全、敗血症に陥っているかを診断します。
血液検査にて麻酔に影響がなければ、手術を行います。
中には、心臓病、腎臓病、敗血症などで麻酔がかけれない子もいます。

 今回、麻酔をかけれない子が来院したので
外科手術を行わず、治療する方法をご紹介します。

 この子は、心臓に腫瘍があり、麻酔をかけることは難しいと
判断し、内科療法になりました。

 使用する薬は『ALIZIN』ファイザー社 オーストラリア動物薬です。

 P1011174_convert_20190521101939.jpg

この薬は、アグレプリストン
効能:妊娠中絶薬、プロゲステロン受容体拮抗薬
効果:子宮内が黄体期から脱する
   細菌の増殖を抑制する
   プロジェステロン支配下の子宮頚管を弛緩させる
投与回数:開放性子宮蓄膿症:10mg/kg を1.2.7.14日
     閉鎖性子宮蓄膿症:6mg/kgを1, 2,3,4日 初日のみ1日2回投与

 外科手術は、卵巣子宮的手術を行います。
手術は簡単で、多くの場合、30〜40分で終了します。
 子宮の大きさは様々で、このように
子宮から膿が出ていると小さく。この子は15kgの北海道犬です。

 P5181161_convert_20190521102222.jpg

 この子は、13歳、8kgのMシュナウザー

 P5121148_convert_20190521102342.jpg

 どちらの手術も、ほぼ出血もなく
麻酔の覚醒もよく、2〜3日の入院後退院となります。

 アリジンは、オーストラリアで販売されており、
日本での購入は輸入になります。
 当院では可能な限り、在庫をしておりますが、
緊急の場合も、関連病院からすぐに届くため、
緊急の対応も行なっております。

 心臓病、腎臓病、脳疾患、貧血などの問題で
麻酔のリスクが高い場合、内科療法で経過を見るという
選択肢を考えても良いのではないでしょうか?


スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.