FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードルの再骨折にチタンプレートを用いた整復術
 1歳未満のプードルは、すごく元気で、なぜか
高いところからジャンプする子が多くいます。
その際、前足の橈尺骨の骨折をします。
 この子は、年齢が2歳の元気な子で
落ちた後、キャンと鳴いて、足を着けなくなったと来院されました。

 レントゲンでは、橈尺骨の骨折でした。
骨折の程度からプレートを用いました。
術後は順調に改善し、スクリューを徐々に外し
骨折の治癒を確認し、プレートも除去しました。

 プレート除去後、同じ足を挙げて着けないと
飼い主さんが来院されました。

 レントゲンを撮ると、前回折れた場所とは
異なる場所が折れていました。

 1414-1_181227_UP_EXM_0001_CV26629502_convert_20190105173531.jpg

プレート法は、骨折線が消失してから、徐々に
スクリューを取り除き、2〜3ヶ月後にプレートも取り除きます。
 
 プレートやスクリューの素材には、ステンレスと、チタンがあります。
素材により良し悪しがあります。
ステンレスは、安く、種類も豊富で、犬猫の骨折に一般的に用いられる素材です。
チタンは、高いですが、組織親和性があり、骨折が治癒した後、除去が必要ありません。

 今回は、プレートを除去することを避けるため、
チタン製のスクリューとプレートを使用しました。
 
 手術法は変わらず、骨折線のトリミング、ベンディング、海綿骨移植を行いました。
多血小板療法(PRP)は実施しませんでした。

 PC270892_convert_20190105174149.jpg

PC270893_convert_20190105174043.jpg

 プレートはTプレートで、前回、骨折し
手術で開けたスクリューホールを使用せず、
前回より長いプレートを装着しました。
 
 術後は、翌日に帰宅しました。
帰宅後は、可能な限り、安静にしていただきますが、
徐々に、いつもの生活に戻っていきます。

 チタンプレートを毎回、使用したいのですが、
材料がかなり高価で、手術費用も上昇することから
飼い主様と費用の面などのお話をして、手術法、材料なども
決定していければ良いと思います。

 今回のような、2歳以上の小型犬の骨折は、
チタンを使用した方が良いのかもしません。
飼い主様も、かなり落ち込んでいましたが、
再手術が必要ないこと、チタンの親和性などのお話から
安心されて、年を越されました。

 無事、終わってよかったです。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.