FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

4歳の多発性内分泌疾患を伴った、Mシュナウザーの粘液嚢腫の外科手術
 Mシュナウザーは、脂質代謝の異常の多い犬種として有名です。
7歳以上のシニアの子は、血液検査にて中性脂肪などの
脂質代謝の異常の子が多く来院されます。
 症状などがなく、飼い主様も元気だと思っています。
この子のように、若齢で肝臓の数値が高くなっている場合は要注意です。

この子は、多飲多尿などの症状とともに
ALP,GGTの胆管由来の生化学検査にも異常が認められました。
同時に、内分泌検査を行い、副腎機能亢進症(クッシング)、糖尿病にも罹患していました。
内科療法にて症状が改善し、元気に過ごしていましたが、
朝から、嘔吐して元気食欲がないと来院されました。
すぐに検査を行い、肝数値の上昇と、黄疸を認めました。
肝数値の上昇と黄疸の原因は、胆嚢粘液嚢腫が原因でした。

 胆嚢粘液嚢腫は、Mシュナウザー、シェルティー、Tプードル
などに多く認められる疾患です。
粘液嚢腫とは、粘液の分泌により内腔が拡張し、胆嚢壁が伸展した状態を示します。
ある報告では、クッシングの犬に、粘液嚢腫の発生頻度が約29倍高い。
しかし、クッシングのある犬の粘液嚢腫の手術には
血栓形成、最近観戦、治癒遅延などが発生しやすくなっている。

 飼い主様も、手術のことは理解していただき
すぐに手術を行いました。
 以前に胆嚢炎を起こしており、その際の炎症で胆嚢が横隔膜に癒着していました。
手術内容は、胆嚢切除、横隔膜との癒着、肝臓の政権を行います。

 手術は正中切開で行います。

 PC100843_convert_20190106082307.jpg

 PC090841_convert_20190106082148.jpg

胆嚢と肝臓を剥離、横隔膜との癒着を剥がし、
癒着した部位の再縫合を行います。
総胆管と、十二指腸の通りを確認し、カテーテルを留置後
お腹を閉じました。
 
 PC110852_convert_20190106082346.jpg

 PC110853_convert_20190106082403.jpg

 切除した胆嚢は、病理にて粘液嚢腫、
生検した肝臓は、胆管肝炎でした。
 手術後から、黄疸は改善し食欲も改善しました。
手術から3日後、退院となりました。
肝数値も良くなり、炎症も改善しました。
 手術から5日後にシャンプーを行い
10日後に抜糸を行いました。

 当初、飼い主様も内分泌疾患を持っていることから
心労もありましたが、手術の際も、立ち会っていただき
無事、終わった時には、どっと疲れが出たようでした。

 今は、元気に過ごしています。
Mシュナウザーが7歳くらいになれば、
元気でも、超音波検査を受けておくことをお勧めします。
肝臓は、沈黙の臓器なので注意が必要です。 

元気に、病院で吠えれるようになり
一安心です。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.