FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Mダックスが食欲と元気が急に落ちる脾臓腫瘍(脾臓破裂)
 食欲旺盛なダックスやゴールデンが急に食欲がなくなり
元気がないと、来院されると私たちはドキドキします。
 
 飼い主さんは、少しはご飯を食べる、いつもより少し元気がないと
まだまだ、不安にはなっていないことが多くあります。

 この子は、2日前から食欲はあるけど食べつきが悪い
元気も少しないと来院されました。

 診察を行うと、心臓病があり、お腹が張っていました。
飼い主さまに、状況を説明し検査をさせていただきました。

 検査の結果、重度の貧血、炎症、腹部に腫瘍を認めました。
精密検査として、超音波検査を行い脾臓の腫瘍と腹腔内出血があり
脾臓の腫瘍が破裂し、緊急の手術を行う必要性があることを説明しました。

 飼い主さまは、大したことがないと思い、来院されていたのが
重病で、すぐに手術をしないと死ぬかもしれないという話に動揺されていました。
 飼い主様のご家族に連絡を取っていただき、
ご家族に結果、診断、治療方針をご説明しました。
ご家族から手術の同意を得られたので、そのまま入院をしていただき、
すぐに緊急手術となりました。

 手術前に心臓の治療も同時に行い、緊急手術を行いました。
回復と同時に、破裂した脾臓から出血があり、お腹の中は血の海でした。
念のため、出血した血液を約80ml回収しました。

PA230774_convert_20181101085115.jpg

 脾臓は、このように全体に腫瘍を多数認め、
大きな腫瘤は自潰し、出血の原因になっていました。
大きな血管を3箇所留めて、出血を抑制し
脾臓を切除後、お腹の中を洗浄しました。
 手術後は、すぐに回復し、20分で飼い主様と面会されました。
翌日には立って、飼い主様をお迎えできるようになっていました。
 退院は、2日後でご家族と一緒に帰宅されました。
退院後からは、良いウンチをした、元気になった、食欲も戻ったと
かなり喜ばれています。

 病理検査の結果は、「血管肉腫」でした。
血管肉腫は犬の脾臓の腫瘍の約23.5%をしめる悪性腫瘍です。

血管肉腫の好発犬種
1、ゴルデンレトリバー
2、Mダックス
3、Lレトリバー
4、Mシュナウザー
5、Wコーギー     

 治療は、外科的に切除するのが望ましく、
手術が難しい場合は、
1、ドキソルビシン単独
2、ドキソルビシン+シクロフォスファミド
3、VACプロトコル(ドキソルビシン+シクロフォスファミド+ビンクリスチン)
4、ドキソルビシン+ダカルバジン
 上記外には
メトロノミック療法
分子標的療法

 当院では、これらに、カルボプラチン、マシチニブを用いた治療法を
提案しています。

 治療法には、金額、副作用、通院、入院といった
様々な要因が関わってくるので、担当獣医師と飼い主様とで
よく話し合い、治療に専念していただいております。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.