FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬と猫の吐かすことのできない異物の治療法
 食べてはいけないものを飲んだ、食べたと
来院される方は多くいらっしゃいます。
 この子は、プラスチック製のおもちゃを嚙み砕き
食べてしまい。近くの病院に行かれましたが、
催吐処置は難しいと判断され、紹介で来院されました。

 レントゲンでは、胃の中と腸に異物がありました。
確かに、胃の中におもちゃのような陰影とガスが溜まっていました。

 飼い主様には、吐かせて出すことが難しいことをお伝えしました。
飼い主さまは心配されており、すぐに治療して欲しいということでした。
処置までの間に数回、嘔吐していましたが、やはり異物は出てきませんでした。
すぐに、麻酔の準備をし、内視鏡にて異物を取り除きました。
 異物は、複数個あり、胃、食道を傷つけないよう慎重に回収しました。

PA190770_convert_20181019185452.jpg

緑色のものが、異物のおもちゃのかけらです。
回収後、麻酔から覚醒し、退院となりました。

 異物を食べた時、治療法としては、
1、何もせず便と一緒に出てくるまで待つ
2、吐かせる(催吐剤を使用)
3、内視鏡で回収
4、手術で取り出す

 このような選択肢の中から、異物の大きさ、形状などから
治療法を決めています。
一番大切なのは、飼い主様の意向と不安を取り除くことです。
多くのが飼い主様が、「しまった」「私たちの責任」などと考えます。
 治療法がいくつかありますし、催吐薬にもいくつかあります。
担当獣医師とご相談の上、決めてください。
病院にいらしていただき、飼い主様もご安心してください。


スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.