FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の心筋症による血栓塞栓症の診断
 猫にも心臓病があります。
犬ほど、多くないですが、年に数例、来院されます。
猫の心臓病の多くが、他の病気の検査の際に
心臓の異常が見つかります。

 この子は、朝、急に歩けなくなり
後ろ足が立てなくなり来院されました。
 診断は、心筋症による血栓塞栓症でした。

 塞栓症の診断は、触診、視診、聴診などにより
確定することがほとんです。
検査では、レントゲン、超音波、CTなどを用い
確定診断が行われます。

肥大型心筋症の猫の 33%から 50% が動脈血栓塞栓症に
罹患していると報告されています。
動脈血栓塞栓症に関連する予後について
35%が生存したものの,予後は悪いという報告もあります。

 治療法に関しては、
外科療法と、内科療法があります。
多くの場合、内科療法を行います。

 入院、点滴と同時に
血栓溶解作用のある、低分子ヘパリン、
ウロキナーゼ、t-PAの投与を行います。

同時に、甲状腺機能のチェック、レントゲン、心電図、心臓の超音波検査を行います。

この子は、心筋の厚さが7mmとグレーゾーンでした。
一般検査では、心筋症と診断するには難しく、
左心房の拡張、血栓の有無により、心筋症と診断しました。

心筋症 変更_convert_20180929161858


 飼い主様は、もっと早くに気付いていればと
おっしゃいますが、心雑音も乏しく、レントゲンでも
大きな異常を認めず、血液検査にも異常を認めませんでした。

 最近では、血栓症の特効薬はないものの、
効果を認めたいう論文が発表されています。
 
 急性期の抗血栓薬として低分子ヘパリンのみを使用した個体群は
,低分子ヘパリンと tPA を併用した個体群に対して
有意な生存期間の延長が見られたことより
猫の動脈血栓塞栓症に対する低分子ヘパリ ンの単独使用は,
予後を改善させるうえで有効 であることが示唆された。
(動物の循環器 第 46 巻 2 号29‒35 (2013)より抜粋)

 猫が急に歩けなくなった、大きな声で鳴いているなどの症状があれば
早めに来院をしてください。
可能であれば、低分子ヘパリン、抗血栓薬、甲状線の検査なども
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.