FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードル(小型犬)の橈尺骨骨折の手術(手術から抜糸まで)
小型犬の前肢の骨折は、高いところから
飛び降りた際に、起こります。
 多くの飼い主様が、
「キャンと鳴いてから
前あしをかばっている」と来院されます。

 この子も、キャンと鳴いてから、ずっと
足を上げており、病院では、ずっと挙上していました。
触診で、診断はつきますが、念のため
レントゲンを撮ります。
 こちらが、初診時のレントゲンです。

1414-1_180813_UP_EXM_0000_CV26629502_convert_20180818161540.jpg

 このように、2本の骨、
橈骨、尺骨が折れています。
1本だけということはなく、ほとんどが、2本の同時骨折です。
 骨折の治療には、手術をしない方法、
手術をする方法に分かれます。
 現在、ほとんどの整形外科医が小型犬の骨折の治療に
手術が必要と言っています。
 
 当院でも、年に1〜2回骨折の治療を行わずに
治癒する子もいますが、特徴があります。
 骨折の断端が50%以上接触している場合に限ります。
この子のように、完全に互い違いになっている場合は
外固定のようなギブスでは、治らないと考えて良いかと思います。
 
 手術には、プレート、創外固定、ピンなどがあります。
どの手術にも長所、短所があるため、
獣医師と飼主様で、よく相談し方法を決めていただきます。
 
 当院では、橈尺骨の骨折の場合、
プレートか、創外固定を行っております。
 手術は、2泊3日です。
こちらは、術後のレントゲンです。

1414-1_180816_UP_EXM_0000_CV26629502_convert_20180818160531.jpg

 術後は、3日目に退院となります。
自宅では、可能な限り安静にしていただきます。

 手術後は、生後6ヶ月までなら、2ヶ月くらい
1歳までなら2ヶ月半、1歳以上なら3ヶ月くらいで
両端のスクリューとプレートを残し、スクリューを抜きます。
 こちらの処置は、半日入院です。

 スクリューとプレートを取らずに、
一生、そのままにしておくことも可能ですが、
可能限り、異物を体に残すことは避けたいです。

0644-1_180818_UP_EXM_0001_CV26629502_convert_20180818160515.jpg

0644-1_180818_UP_EXM_0000_CV26629502_convert_20180818160455.jpg

 この処置が終われば、
1ヶ月後、残ったスクリューとプレートを抜去します。

 小型犬の橈尺骨骨折の外科手術の流れになります。
創外固定は、上記と同じでは無いので、獣医師とご相談ください。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.