FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の口唇に発症した肥満細胞腫の分子標的治療(イマチニブ)
 猫ちゃんの唇にできものができたと来院されました。
本人は、あまり気にしていないけど、大きくなって
どうしよう?と飼い主さまは悩んでいらっしゃいました。

 診察をさせていただくと、リンパ節の腫脹はなく
本人も気にしている感じはありませんでした。

 P7020592_convert_20180731160250.jpg

 飼い主さまに、精密検査を勧めると、心配なので
皮膚の検査をして欲しいということで、病理検査を行いました。
病理検査は、皮膚の一部を検査センターに送る生検を
行いました。
生検は、確実な病理検査で再検査の必要もありません。
ただ、少し痛いので、怖がりな子や、採取が難しい場所の時には
鎮静をかけて行うこともあります。

 検査はすぐに終了し、圧迫止血と
医療用の止血剤で出血を止めて終了です。
 
 病理検査は、約1週間で出ました。
結果は、「肥満細胞腫」でした。
飼い主さまに、肥満細胞腫の報告書、治療法、病気のことを
お話ししました。

 腎臓病や、糖尿病もあるので
飼い主さまは手術を望まれませんでした。
 治療法は、腫瘍の遺伝子の変異を認めたため
分子標的治療薬をお勧めしました。
 
 国内では、トセラニブという分子標的治療薬が
動物用として販売されています。
しかし、トセラニブは高価であることから
なかなか、投薬を始めるのは難しいのが現状です。

 飼い主さまには、海外では安くて効果のある
イマチニブがあることをお話ししました。
当院では、血圧の高い子にイマチニブを使用していることから
常時、在庫があります。
 1日1回で、1日100〜200円です。
トセラニブは、イマチニブの数倍〜数十倍の医療費がかかります。

飼い主さまから、同意を得られたので
早速、治療を開始しました。
治療後は、徐々に腫瘍が小さくなり
飼い主さまも、イマチニブの効果に納得されていました。
さらに、トラセニブより副作用が少なく、安心して
使用できます。
この子も、副作用はなく、飼い主さまも安心されていました。
治療の方は、投薬1か月でこのように
以前の半分くらいの大きさになりました。

P8060648_convert_20180806173149.jpg

 飼主さまも小さくなったと喜ばれていました。

 肥満細胞腫は犬や猫の皮膚に発症します。
悪性度は、様々ですが、手術の際は大きく切除する必要性が
あることから、飼い主さまも心配される腫瘍です。
 この子のように、持病があり
手術はしたくないという方には、代替療法として有用です。

 手術を行いたくない場合、
麻酔が怖いという方は、この治療を考えても
良いのかもしれません。
 

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.