新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の肥満細胞腫
 肥満細胞と聞くと『太った細胞』というイメージがほとんどだと思います。
これに『腫』が付くと、『肥満細胞腫』です。
 ワンちゃんの飼主さんが、皮膚にイボができていると来院されると
かなりの数(20%)くらいが『肥満細胞腫』です。
肥満細胞腫とは太った犬がなる腫瘍ではなく、肥満細胞という細胞が
腫瘍かした『悪性』腫瘍です。

 ~腫というと、ほとんどが良性の腫瘍ですが、
この肥満細胞腫は悪性腫瘍です。
悪性なので、転移もあるし、再発もしやすい腫瘍です。

 この子は1年前から、脇に腫瘍があり、
徐々に大きくなってきたので、心配で来院されました。


 犬の肥満細胞腫 プレ

 来院され、お話を聞きましたが、どうも怪しいイボなので
飼主さんの目の前で、針生検(FNA)を行いました。
 針生検とは採血用の細い針をイボに刺し、針の中に入った細胞の塊を
病理検査センターに送り、病理診断を行います。
 この子の病理結果は肥満細胞腫でした。
この結果を飼主さんにお渡しし、手術の必要性、危険性をお話をし手術を行うことになりました。
また、肥満細胞腫は転移の多い腫瘍なので、レントゲン、血液検査、超音波を行い
転移が認められないので、手術となりました。


肥満細胞腫 術後1

 手術はかなり大掛かりなものになります。
肥満細胞腫は周囲の組織に浸潤していることが多く、
マージンといって、腫瘍の境界から大きく取り除かないといけません。
 再発をなるべく起こさないように、大きくとることも
事前に飼主さんとはゆっくりとお話をしていたので、
術後の傷を見られても、さほどビックリはされていませんでした、
でも、かなり大きな傷で、縫合も変わっています。


 肥満細胞腫 術後2

 手術は無事、終了し、その日に退院となりました。
切り取った腫瘍は、病理検査の結果
『肥満細胞腫 グレードⅡ(patenaikⅡ)』でした。
マージンは切り取れており脈管転移もないとありました。
手術での切除は成功でした。
 しかし、本院ではこのグレードにおいて、飼主さんと相談し
補助療法を行うことが多いです。
 この子も、補助療法のお話をし、化学療法を行うことに決まりました。
 化学療法には強い薬、弱い薬、副作用も様々なので
飼主さんと時間をかけ、話し合いをし、決めていきます。
 すべての飼主さんが化学療法を希望されるわけではないので、
希望されない方には、サプリメントなどをお勧めすることあります。
飼主さんにとって、腫瘍と診断されるだけでビックリなのに、
更に、悪性、転移、化学療法となると頭がいっぱいになる方ばかりです。
また、決断も早く決めないといけないので、飼主さんは大変です。

 僕たち獣医師は、飼主さんより、より多くの動物の腫瘍を見てきて
同時に飼主さんも見てきています。
だから、担当の獣医さんとよーくお話をして、何がベストではなく、
この子に何がしてあげれるのかを考えてもらえば良いと思います。
 何が一番良いのか、それは担当する獣医にも分からないかも知れません。
もちろん、飼主さんも分からないかも知れません。

 まずは、飼主さんの不安を少なくすることにより、動物たちも不安を無くすことになる。
腫瘍と診断された飼主さんは、獣医師とゆっくり、話をする時間が必要だと思います。
その後、決断されても遅くないのかも知れません。
不安、疑問、などがあると、手術の後も診察、治療が続けれないかも知れません。
 治療の第一歩は飼主さんと獣医師との信頼からです。


 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.