FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫のラプロス:慢性腎臓病薬(ベラプロストナトリウム)の治療効果
 猫の慢性腎不全は、5歳以上の死亡原因の1位で
10歳上の猫の30〜40%が罹患しています。
(Sparkes et al.J Feline Med Surg.18(3)219-239.2016)

根治は難しく、進行の予防や保存的治療が一般的です。
日本国内で、猫の腎不全治療薬として認可を受けた
ベラプロストナトリウムの効果を検討されています。
今までは、ラットの投与実験からなので、参考にできませんでしたが
今回、猫の症例報告が発表されたので、そちらを参考にします。
(Toyama et al J Vet Intern Med ,32(1)236-248.2016)

P4050470_convert_20180406163215.jpg


多施設で31頭に薬剤投与した結果

 ベラプロストナトリウムを投与した群は
・ BUN,CREAは有意な変動は認められなかった。
・血清リン/カルシウム比は有意な変動は認められなかった。
・食欲が増加し、体重が増加した。

 上記から、ベラプロストナトリウムは猫の腎不全に有効であることは
証明できましたが、今までの薬である
ベナゼプリルや、ARBのような薬よりも効果があるとは言い難いようです。
今後、他の薬との比較、相乗作用などが検討されるまで
第一選択になるかは判断が難しいと思われます。
 
 ベラプロストナトリウムは、食欲増進作用があるので、
食欲が落ちてきた子に、今までの薬に変えることは
有用かもしれません。
 当院でも、食欲不振の腎不全の子には、
ベラプロストナトリウムを処方しています。

 猫の腎不全の食欲不振には、
ミルタザピンや、オンダンセトロンなどのお薬でも
改善することは知れているので、
今ままでの薬を変えることが心配な飼い主さまは
上記のお薬を追加することをお勧めします。

 猫の慢性腎不全は治癒することが難しい疾患なので
飼い主さまも辛いと思いますが、様々な治療法が
あるので、担当獣医師とよく話し合ってください。

 きっと、飼い主さまに合う治療法が見つかると思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.