新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫の子宮蓄膿症
 「お腹が大きくなったので、太ったと思っていた」猫ちゃんの飼主さんが来院されました。
その猫ちゃんのお腹をみると、確かに大きなお腹です。
でも、よく見ると、背中は骨が見えるくらいなので太ったというわけではなく、
お腹が出てきたということなので、飼主さんに「お腹の中に何か問題があるかも」と伝え
 早速、飼主さんも立会いの下、超音波検査をさせていただき、
子宮に液体が溜まっている画像が見つかりました。
 

   猫の子宮蓄膿症 術前

 飼主さんには「お腹が腫れている原因は子宮の中に液体が溜まっているからですよ」と
伝え、手術が必要なこと、急いだほうがよいことをお伝えし、その日に緊急手術となりました。
 飼主さんも立会いのもと、手術をさせていただき、
お腹から大きな子宮を取り出し、無事、2日後に退院となりました。

   子宮蓄膿症 術後

 人の手と比較するととても大きな子宮で
重さは1.0kgもありました。

 こんな子宮をお腹の中に持っておいて
症状が無かったほうが不思議ですが、
飼主さんは年取って、お腹が垂れてきた、太ったと思っていたそうです。

 実際はお腹の中に液体を溜めて生活してんですね。
犬の子宮蓄膿症は多く見ますが、猫の子宮疾患は少ないと言われています。
 しかし、本院では最近、猫の子宮疾患を多く見るようになりました。

 猫の子宮疾患は下痢、嘔吐、食欲不振で来院されることが多いので
お年をめしてきた、猫ちゃんの飼主さんは、上記のような症状があれば
病院に行こうかなと考えてみてはいかがでしょうか?


 

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。