FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の腎不全の新薬(ラプロス)の知見
 7歳以上の猫に腎不全が多いことは知られています。
現在、国内では猫の腎不全の治療薬は、3つの薬が認可されています。
その3つの薬は、

PC040305_convert_20171204172631.jpg

ACE阻害薬(ACEI):アンジオテンシンⅠからアンジオテンシンⅡへの変換を阻害し
昇圧系を抑制する。
カリクレイン-キニン系を刺激して降圧系を促進する作用
  商品名:フォルテコール(薬品名:ベナゼプリル)

ARB:アンジオテンシンⅡが作用する受容体を直接的に阻害して昇圧系を抑制する。
  商品名:セミントラ(薬品名:テルミサルタン)

ベラプロストナトリウム:プロスタグランジン(PGI₂)の誘導体で,
               抗血小板作用・血管拡張作用・血管内皮細胞保護作用。
  商品名:ラプロス(薬品名:ベラプロストナトリウム)

 猫の腎不全、3種類の製剤の特徴は

      錠剤・・・ACEI 、ベラプロストナトリウム
      液体・・・ARB

効果:3種の薬剤を比較した論文は発表されていません。
ACE,ARBの比較はあります。(2017年現在)

費用:ベラプロストナトリウム・ARB>ACEI(投与量による)

投与回数:ACEI 1〜2回・日
       ARB 1回・日
       ベラプロストナトリウム 2回・日

使用法:経口投与

現在、ラプロスを第一選択薬にしている病院は少ないようです。
大学病院の腎臓科専門医は、ラプロスが新薬であること、エビデンスが少ないこと
既存の薬で間に合っているということから、ラプロスを使用していないとセミナーで
講演されていました。
 当院でも、ACEIもしくは、 ARBを第一選択にしています。
ラプロスは、食欲不振の子に効果があると思います。
何人かの飼い主様からも、ラプロスにしたところ、元気になり
食欲が改善したという報告を受けています。
 腎不全が悪化した際に、ラプロスに変更し、改善したというより
元気、食欲の改善目的に使っています。
さらに、高血圧が改善しない場合、アムロジピンを併用できない場合
などにも効果があると思います。
 投与量は、1日2回 1回1錠と記載がありますが、
この量だと、血圧が低下する症例を経験しているので、
血圧を見ながら、1回半錠でも良いのかと思っています。

 このように、猫の腎臓薬は選択枝が増え、飼主さま、猫ちゃんの
要望に応えれるようになりました。
 その分、お薬の選択も大変になりました。
腎臓薬の選択は、お薬の形状(錠剤、液体)、価格、
内服の回数、重症度などから選んでいただいています。

 腎臓病を患っている猫ちゃんがいるご家庭は、
心配で、なんとかしてあげたい気持ちでいっぱいです。
そのために、少しでも有用な情報、改善する薬をご紹介しています。
 
 詳しくは、担当獣医師もしくは病院スタッフまで
ご相談ください。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.