FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の頚椎ヘルニアの保存療法(頚椎カラー)
 以前と比べ、胸腰椎の椎間板ヘルニアの症例が
減っています。
これは、大学や、専門病院でも同様のことが言えます。
一番の理由は、ダックスフンドが減ったことが挙げられます。

しかし、頚椎ヘルニア、椎間板脊椎炎の症例が増加しています。
頚椎ヘルニアは、当初、痛みや元気がないと来院されます。
多くの場合、鎮痛剤やステロイドにより改善しますが、
お薬を減薬したり、休薬すると悪化します。

当院でも、頚椎ヘルニアの症例が年々、増加傾向にあります。
頚椎ヘルニアの治療は、痛みが継続する場合、運動制限が必要な場合などは
外科的に治療を行います。
一般的には、ヴェントラルスロットという、喉の方からアプローチし
食道、気管を避けて、椎間板物質に直接アプローチします。

 内科的な治療法としては、
内服薬:非ステロイド性鎮痛剤
     ステロイド
     オピオイド

理学療法:鍼灸
       半導体レーザー

固定術:頚椎カラー などがあります。

今回の子は、14歳で、頚椎ヘルニアになり
手術をお勧めしましたが、年齢のことなどから
手術をしないとお決めになられたダックスです。

 手術を行わない場合、内服薬とサプリメント
レーザーなどの理学療法に加え、
頚椎の固定を行います。

 頚椎の固定は、犬用のカラーも発売されています。
当院では、飼主さまのご意向に添えれる限り、
その子にあったカラーを作成していただきます。
犬種、年齢、体重などにより、首の太さ、長さ、筋肉の付きなどが異なります。


 頚椎カラーはこのように、
その子専用のカラー装着します。

P1060306_convert_20170526175307.jpg

今回の子は、年齢も高齢で、寝てばかりいるので
小さいカラーを作成し、装着しています。

 カラーを装着すると、
飼主さまも安心して、生活ができるようになったと
犬から目を離すこともできるようになったと
喜ばれています。

 椎間板ヘルニアの治療には
いろいろと選択肢があります。
犬の状態、年齢、抱えている病気などを考慮し
治療法を飼主さまに選んでいただいています。

 頚椎カラーに関しては、
その子に合ったものを装着するため
事前に、採寸し作成しております。

 興味のある方は、病院スタッフか
担当獣医師にご相談ください。

      
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.