新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

短期入院が可能なプードルの大腿骨頭切除術
  
成長期のプードルが後肢をケンケンする、
足を上げることがあると来院されます。

 多くの場合、膝の骨が内側に脱臼する
膝蓋骨脱臼症候群です。
中には、この病気ではなく、股関節に先天的な問題を
抱えて来院されることもあります。
 
 それが、Legg-Calvé-Perthes (LCP)
レッグペルテス(無菌性大腿骨頭壊死症)です。
原因は不明の疾患で大腿骨頭への血行が阻害され、
大腿骨の骨頭が壊死してしまう病気です。
1歳までに発症することが多いため、遺伝性と唱える獣医師も多いようです。


97acda53ba72f5c0f7873d44070c1f8c.jpg

 診断は、画像診断を行います。
最近では、レントゲン検査で診断できない、
初期の症例でも、CTを使い、早期に診断が可能になりました。

 治療は、手術がほとんどですが
内科療法や保存療法を、行っております。
内科療法は、未だ確立された治療法は何ので
担当獣医師とよく相談し、治療法を決めていただきます。
 
 外科手術は、壊死した骨頭を切除する
大腿骨頭切除術が行われています。
 この子も、痛みが伴い
レントゲンにて確定診断を行いました。
 飼主さまには、内科療法で痛みのコントロールは
できますが、ほとんどの症例で、悪化していきます。

 飼主さまは、家族会議を行い
手術を受けることにされました。

 手術は、約40分で終了し、
1泊していただき、翌日には退院となります。
 手術自体は、難しくない手術です。
寛骨、骨頭切除部のトリートと疼痛管理、
術後のリハビリが重要になります。

 術後は、1〜2週間くらい
患肢を上げていますが、手術の痛みが無くなると
同時にリハビリを行えば、肢を負重するようになります。
 
 この疾患は、早期診断が重要で、
悪化してから、手術を行うとリハビリなどに時間がかかり
治癒するまでの時間も長くなります。

 Legg-Calvé-Perthes Disease(LCP)は、
・小型犬:ヨーキー(海外では好発)、プードル(日本では好発)、ウェスティー
・12kg未満
・オスメス関係なし
・4〜12ヶ月齢(7ヶ月齢がピーク)
・10〜15%で両側性に発症      出典:DM Nunamaker
と海外では報告されています。

 現在、CTなどの導入により
かなり早期に診断が可能になりました。
若齢の小型犬で、肢を上げている場合は
早期にレントゲンでの撮影を行いましょう。

 



 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.