新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の慢性嘔吐の鑑別診断に用いた内視鏡検査
 猫の慢性の嘔吐は毎日のように来院されます。
ほとんどの症例が、レントゲン、血液検査、超音波検査で
確定診断がつきますが、月に数例、確定診断がつかない
症例が来院されます。
 
 この子も、週に1〜3回嘔吐すると来院されました。
検査を行ったのですが、確定診断に至らずでした。
飼主様は、飲み薬で改善しているので様子を見ていましたが、
やはり、心配で内視鏡検査を希望されました。

 犬と猫の内視鏡検査は、人と同じ、オリンパスや
フジの内視鏡を使用しますが、動物用の細くて長い
スコープが発売されています。

P1060238_convert_20161228211949.jpg

 
 内視鏡検査時は動かないよう、気管チューブを使用し
吸入麻酔を使用し、不動化してから検査を行います。

 人と同様に、、数時間前から
絶食は行いますが、絶水までは行いません。

 内視鏡は、口の中、咽頭、時には、鼻の穴、
食道、胃、十二指腸、小腸まで観察します。
 慣れた獣医師だと、難しい手技ではありません。

 内視鏡での消化器を観察後、ほとんどの場合、
病理検査も同時に行います。
犬の内視鏡での診断は、胃腸炎、大腸炎が多く
胃がんや腸の癌など、極めて稀ですが、
Mダックスでは、消化器型リンパ腫が多く発生します。
 
 猫の胃腸炎の原因は、食事、自己免疫、感染症がほとんどで
内視鏡検査により、確定診断が出ます。
 治療法は、粘膜保護剤などを使用します。
多くの胃腸炎は、食事療法で改善しますが、
内服薬も併用しないと改善しないこともあります。

 慢性嘔吐、慢性の下痢軟便が続く場合は、
血液検査、レントゲン、特に、超音波検査を行い、
改善がない場合は、内視鏡検査を行ないます。

 一昔前では猫の嘔吐は、毛玉が原因のことが
ほとんどですが、現在では、キャットフードに改善により
毛玉が原因である、毛球症は皆無になりました。

 難治性の嘔吐などは、
内視鏡も含め、総合的に診断が必要になるため
治療方針と検査方針を担当医と、相談の上、
決めていただいています。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.