新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
アジソン病を伴った、脾臓破裂のプードルの外科手術
 アジソン病とは、副腎皮質機能低下症の別名で、
プードルに多く、一生、付き合っていかなければならない疾患です。

 この子も、幼い頃から
クッシングに罹患し、毎月、ホルモン剤の接種を行っていました。
 ここ最近は、元気も良く、
飼主さまも、喜ばれていました。

 ある日、飼主さまが、急に嘔吐して元気がないと来院されました。
診察をさせていただくと、明らかにいつもの元気もなく、ぐったりしていました。
さらに、手足が冷たく、心拍も高くなっていました。

 すぐに、血液検査とレントゲンを行い、
貧血と、腹水を疑う所見が得られたため、超音波検査を行いました。
結果は、脾臓の腫瘍の破裂による、血腹でした。

 飼主様と相談し、緊急手術と輸血を行うことになりました。
手術は急遽、決まったため飼主様も立ち会いとなりました。

 麻酔をかけ、お腹を開けると
お腹の中は血まみれで、血の中に腸が浮いているようです。
 すぐに、脾臓を取り出し、脾臓に流れる血管をクランプしました。
同時に、脾臓の摘出を行いました。

P1060100_convert_20161003174942.jpg

 脾臓摘出は難しいことは、ほとんどなく、
犬種によりますが、30〜40分で終了します。

 今回も、麻酔管理が大切で、大きな問題もなく
手術は終了しました。
術後は、血圧と、貧血の改善を見ながら2日後には退院となりました。

 飼主様には、輸血が必要なこと、
緊急手術であることなどをお伝えし、手術適応となりました。
 飼主様は、待合室で祈るように待たれていましたが
手術が無事終わり、本人と面会すると緊張の糸が切れたかのように
涙が出ておられました。

 脾臓の腫瘍は、超音波検査の際、
たまたま見つかることが多く、この子のように
体調が悪くなってから、来院された場合は、
ほとんどが緊急手術となります。

 脾臓の手術は、止血のポイント、癒着などが
解決できれば、難しくない手術です。
しかし、緊急手術となることが多く、
多くの飼主さまが、とまどい、不安になります。
 担当の獣医師と良く相談され、執刀医の技量を
信じて、決断することをお願いしております。

飼主さまが、気づかずに、明日まで様子を見ていれば
きっと、血圧の低下と貧血で亡くなっていたので、
飼主さまの決断が、この子の命を助けたのだと思います。

 脾臓の腫瘍は、事前に検査が難しいため
手術になることが多くあります。
 担当の獣医師と、手術の内容、
術後のことなどを、納得するまで、お話ししてください。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。