新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

慢性嘔吐に内視鏡で診断した胃炎
 猫の嘔吐は、昔から多く来院されます。
一昔前までは、猫が嘔吐すると『毛玉』、
『毛球症』と診断されていました。

 現在は、猫のキャットフードに含まれる
ワセリンなどにより、毛玉が詰まるなどで
来院される猫はほとんど、いなくなりました。
 
 それでも猫の嘔吐は毎日のように来院されます。
高齢の猫であれば、腎不全が原因で嘔吐する事が知られています。

 今回の症例は、慢性の嘔吐で
近くの病院で血液検査、レントゲンを行っていましたが
原因は分からず、内科治療を行っていました。

 飼主さんは、心配になり来院されました。
飼主さんに、胃腸の腫瘍や、他の疾患を疑い
超音波検査をおすすめしました。
 超音波検査の結果、多きな疾患はなく、
胃の病気を疑い、内視鏡検査を実施する事となりました。
 人と異なり、内視鏡検査は犬猫ともに、全身麻酔下で行う検査です。
内視鏡検査では、胃と小腸の肉眼的な観察が可能になります。

 内視鏡検査の推奨症例

・食事療法・抗生剤でコントロールできない。
・エコー検査で内視鏡の届く部位に病変
・通常の検査だけでは診断できない
・低タンパク血症だが多臓器に異常がない

 実際に使用している症例
1、異物の誤飲(胃内)・・・手術より侵襲性が少ない
2、食欲不振、経口投与が難しい・・・胃チューブなど
3、消化管腫瘍の切除・・・ポリペクトミー
4、食道狭窄・・・バルーン拡張術
 
 今回の猫も今までの検査法では、診断が付かず
飼主さまも困っていました。
今回、内視鏡の検査にて、胃腸炎とヘリコバクターと診断しました。

 猫にもヘリコバクターが人と同様に存在し
胃炎の原因にもなります。
 飼主さまも、ヘリコバクターの治療経験があり
抗生剤の投与を行い、完治されました。

 猫や犬の慢性嘔吐は、珍しくなく
ほとんどの場合が、血液検査、レントゲン、超音波検査で
診断が付きますが、中には、内視鏡検査が必要であり
内視鏡検査でしか、分からない病気もあります。

 慢性疾患の場合、飼主さまも
診断が付いていないと不安になると思います。
内視鏡検査は、麻酔が必要になりますが、
診断がすぐにつく事、日帰りの検査であることから
今後、犬猫の検査として有用と考えられています。

 詳しいことは、スタッフまでご質問ください。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.