FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

重度の腸重積の外科手術(小腸の半分を切除)
 嘔吐を主訴に来院する方は毎日
診察で遭遇いたします。

 この子も嘔吐を主訴に来院されました。
初診時から元気もなく、嘔吐の回数も多いため
血液検査と超音波検査を行いました。

 血液検査では、大きな問題はありませんでした。
しかし、超音波検査では腸重積を疑う画像を認めました。
 レントゲンを追加検査し、重責状態を確認しました。

 腸重積とは、腸が重なりあい
蠕動運動ができない状態になっています。
 人の場合、子供さんに起こりやすく、
激しい腹痛が症状として認められ、早期の手術が必要となります。

 飼主さまに、手術が必要なこと、それも、緊急で行う必要が
あることをお伝えし、緊急手術となりました。

 手術は血圧と鎮痛に重点を置き
開腹を行いました。
 開腹時は腹膜炎を併発し、どす黒く、重責状態になった
小腸が認められました。
 重責状態の小腸です。

 腸重積 術前

 このように、小腸の一部の色が変色し
その周囲もうっ血しています。

 すぐに、変色、変性した小腸を切除し
吻合術を行いました。
 
 腸重積 術後 アップ

 重責した小腸のアップです。
腸重積 アップ

 今回の手術で小腸の半分を切除しました。
小腸の半分を切除しましたが、日常の生活には問題ありません。
 重責部位に腫瘍があることがあるため、病理検査に提出しました。
病理の結果は、腫瘍性ではなかったので、2日後に退院となりました。

 腸重積の原因は不明ですが
緊急な治療が必要なことは変わりません。
 お腹を痛がり、嘔吐を繰り返している場合は
早めの来院と超音波検査をお勧めしています。
スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.