新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Mシュナウザーの胆嚢破裂の外科手術
 シュナウザーは胆嚢に疾患を持っている子が多くいます。
本院でも、中高齢のシュナウザーの健康診断で
胆嚢に異常を認めることがあります。
 
 一番、多い胆嚢の病気は胆泥といって
胆嚢の中にある胆液が泥状になり、粘調性をもち
泥状から固形になることもあります。

 この子は、ホームドクターで肝炎と診断され
入院点滴を行っていましたが、改善せず紹介されて来院されました。

 血液検査では、肝臓に炎症を伴っており
ホームドクターの診断通りでした。
超音波検査では肝炎も認めましたが、胆嚢の破裂を伴う
腹膜炎と診断しました。
 飼主さまに、診断名をお伝えし、治療法の説明しました。
状態が悪化傾向になることから、手術をお勧めしました。

 飼主さまは、悪化していることを認識されており
手術を希望されました。

 手術は、すぐに開始され、飼主さまにも立ち会っていただきました。
開腹したところ、お腹の中は、腹膜炎で炎症がひどく
胆嚢から漏れ出た胆液と胆泥、小さな胆石も大量にありました。

胆嚢 切除前

  破裂した胆嚢を肝臓から剥離し、総胆管を洗浄し
開通を確認後、肝臓の一部を切除しました。

胆嚢切除 後

 手術後は、お腹の中をきれいに洗浄し、ドレーンチューブを
お腹の中に設置し、お腹を閉じて手術を終了しました。

胆嚢切除後 1


 手術後、20分で覚醒し、痛み止めでおとなしく寝ていました。
入院から2日後で退院し、術後は元気にしています。

 胆嚢破裂は犬では多く、特に中高齢のMシュナウザーで
多く、腹膜炎を併発し死亡することもあります。

 今回は、ホームドクターで肝炎のコントロールをしていただいていたので
無事に、手術まで終了しました。
 胆嚢切除自体は、難しい手術ではなく
1時間くらいで終了します。
 しかし、この子のように破裂したり、腫瘍化していると
難易度は上がります。
さらに、黄疸や止血不良に陥ると、死亡率も高くなるといわれています。

 Mシュナウザーの飼主さまは、6~7歳以上の子の
肝臓と、胆嚢の検査をお勧めします。
 血液検査と超音波検査で診断が可能です。
おかしいと思う前に検査をしてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。