新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の尻尾にできた扁平上皮癌の外科手術
 腫瘍の発生率は犬の場合、人と同様の発生率と言われています。
猫は犬の半分と言われており、腫瘍と診断されることは多くありません。
その腫瘍の半分以上の70%が悪性腫瘍です。

猫は犬や人と比べ腫瘍の発生率が低い分、
悪性の腫瘍の発生率が高いことになります。

 今回、尻尾の先端から、出血を繰り返し、
「傷が治らない」という主訴で来院された猫のお話です。

 尻尾にカサブタがあり、出血していました。
飼主さまは、外傷で舐めて傷が治らないものと
考えていました。
さらに、猫ちゃんが怖がりさんで、病院に連れて行くのも
悩まれていました。
  
 傷が、治りかけては、また、出血を繰り返して
飼主さまも心配になったようです。

 猫の尾の扁平上皮癌
 このように、尻尾の先端に、腫瘍があり、
きっと、本人も気にしていたと思います。
 
 手術は、全身麻酔下で行いました。
腎不全の猫ちゃんなので飼主さまも、待合室で
お待ちいただき、手術となりました。
 手術は無事、終了し、当日の退院となりました。

 病理検査の結果は、『扁平上皮癌』で
悪性の腫瘍が認めれました。

 術後:猫の尾の扁平上皮癌

 マージンに問題はなく、完全に切り取れていました。
尻尾の先端に腫瘍ができたのは、可愛そうでしたが、
完全に切り取ることができ、再発も無いことから
飼主さまは、もっと早く手術をすればと、落胆されていました。

 しかし、手術が無事、終わったこと、
完全に切除できたこと、再発がないことから、
とても喜ばれていました。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.