新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の臍ヘルニアの陥頓状態の外科手術
 下記のブログには、外科手術の画像が入っております。

 臍帯、胎児のときに母親の胎盤と赤ちゃんをつなぐ
栄養血管があります。
 こちらの血管は出産時、母親が噛み切って
処理をしますが、子供側の血管があった場所は
自然と閉じるとされています。
 ごくたまに、この部分(臍部)が閉じない子がいます。
猫は極めて稀ですが、犬では、良く見かけます。

 閉じない場合、1~5mmの小さな穴
欠損部が開いています。
 多くの獣医師が、避妊時や去勢時に
同時に臍ヘルニアの手術を行います。

 この子は、今まで手術を行わず
経過を見ていた子でした。

 飼主様は、お腹に赤いイボが出来たと
心配されて来院されました。
 初診時に、臍ヘルニアの陥頓状態であることが診断されました。

 臍ヘルニア 術前

この子は、カントン状態になり本人も痛そうにしていました。
飼主様の意向で手術となりました。
手術は、皮膚を切開し、カントン状態を確認し、
元の状態に整復し、皮膚を縫合して終了となります。

 臍ヘルニア 術中

  臍ヘルニアは、臍部に出てきたものが
腹膜や脂肪なら心配ないのですが、
脾臓、腸管が出てきたり、カントン状態になっていれば
手術が必要になります。
 
 臍ヘルニアは、将来、カントン状態や、
お腹の中のものが飛び出してくる危険性があります。
 将来のことを考え、手術適応となる場合もあります。
手術に関しては、担当獣医師と良くご相談のうえ、
治療法を考慮していただきたいと思います。


スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.