新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

V-JELを使用した、より安全なウサギの麻酔法
 ウサギさんの麻酔は、気管挿管が出来ないため
マスクで管理していることが多くありました。
さらに、麻酔のリスクの話も多くしていました。

 今回、日本で『V-JEL』が発売され
当院でも使用をしています。

 こちらの『V-JEL』とは・・・?
V-JELは下記に日本の代理店のホームページを
掲載しておきます。

https://www.acoma.com/products/vgel/point/index.html

 ウサギさんの麻酔は、挿管が難しく、また、
リスクもあることから、ほとんどの病院で
マスクで麻酔を維持していました。
マスクでの維持は簡便ですが、呼吸抑制があった場合、
強制換気ができませんでした。

V-JEL.jpg

 今回のV-JELは、挿管はできませんが
ウサギさんの顎の形を利用し、挿管に近い形で
麻酔管理が可能です。
 海外では、ウサギさん、ネコちゃんの麻酔に利用されています。

 本院では、ウサギさんの麻酔に使用しております。
ネコの麻酔は今まで通り、気管チューブの挿管で管理しております。

 ウサギさんの手術は、去勢手術、避妊手術、子宮蓄膿症、
骨折、腫瘍、歯科疾患など多種に渡ります。
 その治療の多くが、麻酔を
ウサギさんの簡単な処置でも麻酔が必要になります。

 こちらのチューブが発売されてから
今まで以上、より安全に行えるようになりました。

 体重毎にV-JELのサイズが変わることにより
顎の形にフィットするようになっています。

 日本での使用は、国内販売されるまで
使用されている先生は少なかったですが、
徐々に使用される専門医の先生が増えています。

 獣医医療が進歩することにより
今まで、麻酔の管理が、安全におこなえることは
飼主さまにとって、幸せな情報です。

 詳しくは、担当獣医師、もしくは、スタッフまで。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.