新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

sonocure(ソノキュア)を使用した頸椎ヘルニアの外科手術
 下記には手術中の画像が含まれます。 

ダックスを始め、ビーグルなどは、頸椎「首の骨」のヘルニアも起こります。
最近では、胸腰椎のヘルニアより、頸椎のヘルニアの来院が増えて来ています。

 治療法は、内科的治療、外科的治療のどちらかになります。
内科療法は胸腰椎ヘルニアと、頸椎ヘルニアと変わりありません。
しかし、外科手術は、かなり変わります。
 胸腰椎ヘルニアは、ほとんどの場合、へミラミネクトミー、もしくは、
ミニヘミラミを行います。
頸椎ヘルニアは、ベントラルスロット(腹部減圧術)をおこないます。
 この手術法は、腹側、いわゆる、首からアプローチして
頸椎を削り、逸脱した椎間板物質を取り除きます。
 
 ベントラルスロットは整形の器具を使用します。
特に、骨を削るため、高回転のドリルを使用します。
 骨を削っていくと、脊髄神経の側まで到達するため、
神経や血管を巻き込む可能性があります。

ソノキュア 縮小


 そこで、頸椎の骨を削るために
ドリルを使用せず、ソノキュアという超音波機器を行います。
 この機器は先端から超音波を出して骨を溶かすように
掘削していきます。

ソノキュア 術中

ドリルの様に、回転していないので、神経や血管を傷つけることが
ほとんどありません。

 今回の症例の様に、麻痺を認めない頸椎ヘルニアの場合などは
手術時間の短縮と、切開創が小さくなること、良い点が挙げられます。
 また、椎間板ヘルニアの手術だけではなく、肝臓の腫瘍などの軟部組織などでも
出血を極力抑えた手術が可能になりました。

 現在、ミニヘミラミ、ベントラルスロットなど、今までの整形外科領域よりも
進歩した手術が獣医学でも可能になっています。
それに伴い、今までの機器では行えない手術も多くなってきています。

 飼主様にとっても、手術の安全性が向上し、
患者様の負担も減ることは、何より大切だと考えます。
 
 この子は、手術後1時間で立ち上がり、元気にしています。
退院も、今までと同様、手術後2日で退院となりました。
 飼主さまも、大きな手術と考えていたので
愛犬の元気な姿をみて、とても喜ばれていました。

   一番下の欄に『ソノキュア』のメーカーの説明を添付してみました。
ご興味のある方は、ご覧ください。


 ソノキュアは超音波領域の周波数により先端チップを振動させることにより、
目的の部位を安全に破砕させ同時に乳化と吸引が行なえます。
さらには、先端チップの交換により骨の切削も行なえます。
その際、回転モーメントがないため、血管や神経、
その他の周りの組織など弾力性がある部分を選択的に温存でき、
患畜へのダメージを最小限にすることが可能となりました。
各種の先進機能を搭載しながらも取り扱いは非常に簡便でコンパクトな設計です。
小動物手術の現場においてスタンダードアイテムとして大きな役割を担う一台です。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.