新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ジャンガリアンハムスターの線維肉腫の外科手術
 
ハムスターは老齢になってくると
皮膚にイボ(腫瘍)ができることが多くなります。
時には、そのイボが悪性の腫瘍であることがあります。

 この子は、1歳4か月で皮膚にイボができ
様子を見ていると徐々に大きくなり、飼主さんが
心配になり、来院されました。

 腫瘍は、この子の体に対し、かなり大きくなっていました。

 ハムスター 線維肉種 術前

大きくなるスピードが速いので、飼主さんとお話をして
外科手術の選択になりました。

 手術は、3週間先になりましたが、急に大きくなり
緊急の手術となりました。
 
 ハムスター 線維肉種 術前2

 手術は、全身麻酔のうえ、半導体レーザー、電気メスなどを
使い、可能な限り、出血を起こさず、短時間で行います。

 ハムスターの麻酔は、ほとんどが吸入麻酔を利用した
全身麻酔になります。
この子も、短時間ではありますが、吸入麻酔を使用し手術を行いました。
麻酔時間を短時間にするには、出血を抑えることが一番、大切です。

 この子も、出血は、止血系の医療機器を使い、ほとんど出血させずに
手術が終了しました。
手術の間も、飼主さんには別室で待っていただいていました。
手術時間は15分で終了し、飼主さんも、早く終わり安心されていました。

 ハムスター 線維肉種 術後1

 外科的に切除した、腫瘍は、病理検査に出しました。
病理結果は、線維肉腫という、悪性の腫瘍でした。

 ハムスター 線維肉種 病理 

 腫瘍は、脈管侵襲はありませんでした。
ハムスターは間葉系の腫瘍が多くできます。
その中には悪性の腫瘍もあります。
 
 ドワーフ系のハムスターは、悪性の腫瘍の発生率が
約40%となっています。
ゴールデンハムスターに比べ、悪性の腫瘍の発生率は高くありません。
しかし、イボが出来た場合、2頭に1頭は悪性の可能性があることから、
早期の診断と治療が必要と考えられます。

 どうしても、ハムスターの場合、病院に連れてくるのが
遅くなったり、様子を見てしまうことが、少なくありません。
 悪性の場合、すでに転移していたり、突然死があるので、
早期に病院で診察を受けることをお勧めしています。

 今回の子は、急に大きくなり、飼主さんもビックリして
来院されました。
 急に大きくなる腫瘍が悪性で、大きくならないのが良性ということはなく、
見た目でも、良性悪性の鑑別は難しいです。

 ハススターは犬猫に比べ、短命ですので、
腫瘍に気が付いたら、早めの来院をお勧めしています。

 ハムスターの初診料は¥800です。
また、検査。治療費などは、前もって飼主さんにお伝えしてからの
検査、治療になります。

 お金の心配のある方は、安心して来院されると良いでしょう。
もちろん、手術費用も術前に提示しております。

Atypical fibromas are characteristically composed of proliferating GL cells of the skin. Atypical fibromas are reported predominantly in male Djungarian hamsters and are seldom seen in females, because they are androgen-dependent tumors.1 Kashida et al.10 suggested that GL cells in Djungarian hamsters are derived from intrinsic undifferentiated mesenchymal cells in the dermis or subcutaneous adipose tissue. Cooper et al.4 reported fibromas and fibrosarcomas in laboratory Djungarian hamsters, but whether they were atypical fibromas is unknown. There are no reports about the occurrence of atypical fibromas in domestic or laboratory Syrian hamsters. In our study, all atypical fibromas occurred in males, which confirmed the reported sex predilection. Neoplasms composed of GL cells with malignant findings were provisionally diagnosed as atypical fibrosarcomas. According to Baba et al.,1 predilection sites of atypical fibromas are the thoracoabdominal area. In our study, anatomical localization of most atypical fibromas and immunohistochemical characteristics were consistent with previous reports.

Veterinary Sciences 15 out of 129 | Pathology 39 out of 76
 

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.